誰も予想しなかった展開の中 スティッフェリオが持ち味発揮

佐藤直文 レース回顧
小倉大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

57キロでも もう本物だスティッフェリオ

 逃げ・先行馬が揃って先手争いの激化も予想されたが、マルターズアポジーが出遅れて、マイスタイルもテンから控える策。それに乗じたサイモンラムセスが離して逃げる展開で、1000m通過が59秒4という緩んだペースを、いったい誰が予想し得ただろうか。

 スティッフェリオは、逃げ馬から離れた位置での好位を追走し、3コーナーを過ぎてから仕掛けられて長くいい脚を使って抜け出したもの。前走の福島記念はかなりタイトな流れだったが、それに比べると今回の方が追走も楽だったはずで、自在性と器用さがフルに発揮できたように思う。

 2着タニノフランケルは、離れた2番手から自分のペースで運んで、最後も内から差し返し気味に勝ち馬に迫っていた。前有利の流れだったとはいえ、着実に成長を示しており、重賞制覇もそう遠くはないだろう。

 3着サイモンラムセスは、2ハロン目に11秒1のラップを刻んで後続を離し、あとはマイペースという絶妙の逃げ。勝負どころでも差を詰めさせなかった鞍上の見事な騎乗を褒めるべきだ。

 4着ナイトオブナイツは、後方から直線でうまく内をすくっての入着。もうワンパンチ必要かもしれないが、展開次第では重賞でも、という脚は見せた。

 5着エアアンセムは、道中こそ勝ち馬とほぼ同じ位置取りでスムーズな競馬ができていたが、速い脚に欠けるだけに今日のような瞬発力勝負では分が悪かったと言える。

 マイスタイルは、どういう狙いがあったのかはわからないが、そもそも控えてどうこうの馬ではないだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2019

ドバイワールドカップ特設サイト

2019年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル