“餅は餅屋” 毎日王冠は、東京芝1800mのスペシャリストに注目

【優馬編集長日誌】
お見事 坂倉トラックマン。人気薄、サクラゴスベルに◎。私は打てなかったなぁ

優馬編集長日誌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

得意な状況で生きた スペシャリスト性

 先週のGIスプリンターズSは2着に11番人気のサクラゴスペルが入って馬連5,550円の高配当。これを坂倉トラックマンが◎○で ぶち当てた。◎サクラゴスペルの主な理由は中山芝1200mの適性、それも時計のかかる今の馬場でのスペシャリスト性(紙面にも理由は掲載されていました)だった。

 スプリンターズS前のサクラゴスペルは中山の芝1200mで1、1、11、2、1着。連対を外した1走は高速馬場であり、時計のかかる今の中山なら、というもの。加えて3勝のうち2勝は重賞、決して弱い相手に戦っていただけでもない。

 それでも11番人気だったのは他場所の1200mでの成績が思わしくなく(2、9、4、12、13、11、8着)今春のスプリントGI高松宮記念でも1.1秒差8着。適性だけでGIが獲れるものか? いくら中山が得意でも…との評価だったのだろう。

 勝つまではいかなかったが、結果は2着に大健闘。激走したのはスペシャリスト性だけではないのかもしれないが、それも大きな部分を占めていたと思う。坂倉トラックマン、お見事でした。

 すべてのレースがスペシャリスト性で決まるわけではないが、特殊な馬場、特徴のあるコースでのスペシャリスト性は重要なものなのだろう。今秋の中山の芝はエアレーション作業によって例年よりも時計がかかったわけで、なおかつ中山1200mのコースも一般的な形状ではない。こういう場合は、力を適性が上回る可能性が高いのかもしれない。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル