着差は「クビ」だが… テーマに沿ったダノンファンタジー

佐藤直文 レース回顧
ローズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスト1冠は譲れない ダノンファンタジー

 序盤は出入りの激しい流れとなったが、ポジション争いが激化したわけではなく、前半1000m59秒3という遅めペースがもたらしたもの。ただ、そんな流れだったにもかかわらず、従来のコースレコードを更新する時計で駆けた上位3頭は、それそれ一夏越しての成長を示したと言えよう。

 ダノンファンタジーは、抜群のスタートを切りながら、自分のテーマに沿うかのようにスッと下げたことで、ポジション取りは悪くなった。ただ、このあたりは鞍上とのコミュニケーションが取れていたからこそだろう。さすがにレースの上がりが33秒4という前有利の流れで、中団から差すのには少々骨を折ったが、自分の競馬に徹した上で結果も出したという点では、着差以上の内容だったと言える。

ダノンファンタジー

人気のダノンファンタジーが秋初戦で好発進(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ビーチサンバは、序盤は控える構えだったが前半3ハロンを過ぎてからスッとポジションを上げて2番手へ。今日の流れでは正解だったと思えたが、直線では3着馬との競り合いも制しており、勝ち馬の強襲に遭っての2着も仕方のない結果だ。

 3着ウィクトーリアは、課題のスタートを決めてスムーズに流れに乗り、勝負どころから動いて勝ちに行く形。こういう競馬ができたこと自体が、結果以上に大きな収穫となったように思う。

 4着シゲルピンクダイヤは、今までにない好位での立ち回りで、直線でもよく食い下がっていたが、やはりジックリと脚を溜めて運んだ方がいい馬ではないだろうか。

 5着メイショウショウブは、スタート直後こそ枠なりにハナに立つシーンもあったが、無理せず控えて脚を溜める策。こういう競馬を覚えて行けば、距離の融通も利きそうだ。

 スイープセレリタスは、序盤のスローな流れで掛かり気味にハナに立ってしまう誤算があったとはいえ、やはり1800mは少し距離が長いか。シャドウディーヴァは、好位でスムーズに流れに乗れていたようには見えたが、直線では全く反応しなかった。序盤で少し力んだ分とも言えそうだが、ここまで負けたのならそれ以外にも敗因がありそうだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル