通常の年とは「違う印象」 キャリア1戦レシステンシアの走り

佐藤直文 レース回顧
ファンタジーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

着差以上の強さ レシステンシア

 通常の年ならこの時点での完成度を問われる性格のレースとなるのだが、今年の結果を考えると少し違う印象を受ける。上位馬は、まだ成長途上ながら素質の高さで好走できたように思う。

 レシステンシアは、前半3ハロン33秒7のハイペースを2番手で追走し、直線を向くと先行勢が軒並み失速する中で楽に先頭に立ち、最後まで脚色に衰えを見せずに後続勢を封じた形。差し馬向きの流れだったことを考えれば、着差以上の強さであり、キャリア1戦でこれだけの走りを見せたのなら、当然、先々が楽しみになる。

レシステンシア

2番手追走から抜け出したレシステンシアが快勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着マジックキャッスルは、前半の流れが速かったこともあって中団の後ろでの追走となったが、やや脚を余しながらもなかなかの伸びを見せた。1400mでは少し忙しい感を受けただけに、やはりマイルくらいの距離の方がいい馬だろう。

 3着クリアサウンドは、上手な立ち回りができたのは、前走の新潟2歳Sでもそうだったが、それでも勝ち切れないタイプ。もうワンランクの成長を待ちたいところだ。

 4着ヤマカツマーメイドは、好位でロスのない競馬ができたが、その割にピリッとした脚は使えなかった。時計は前走から詰めているだけに、上位とは力の差もあったのだろう。

 5着ヒルノマリブは、課題のスタートが一息で後方から。展開が向いて差は詰めたが、上位を窺うほどの脚ではなかった。

 ケープコッドもスタートが一息。イレ込みはなかったが状態も今一つで力を発揮できなかった印象。ただ、やはり1200mでスピードを生かす形の競馬が理想だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル