岩田康「次はいける」 陣営も強気のレッツゴードンキに本紙田崎が自信の◎

【激論!優馬TM座談会】
今週からはGI3連戦となるが、トップバッターを務めるのは牝馬三冠の最終戦、秋華賞だ。桜花賞馬、オークス馬が順調に秋を迎えた中、ローズSで2頭を打ち負かした新星が出現し、興味深い一戦となった。

優馬TM座談会
秋華賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜花賞、オークス、ローズS 勝ち馬の三強ムード?

デスク「春以来のぶっつけとなる馬や別路線組もいるものの、人気馬はいずれもローズS組。その再戦ムードと見ていいだろうな」

桜井「結果2着と敗れたオークス馬ミッキークイーンですが、順調度の差が出ただけで秋緒戦としては上々の内容だったと思いますね。もちろん、勝ったタッチングスピーチや、桜花賞馬レッツゴードンキの巻き返しも怖いですが、叩き2走目で本領発揮なら負けるわけにはいかないでしょう」

持木「追い込み脚質なのに、デビュー以来連対を外していないというあたりが能力の証ですよね」

小野智「オークス馬がローズSへ本気で造ってくるわけはないですよ。使って100%に持っていくのが当然ですよね。近年でも、レッドディザイア、アパパネ、メイショウマンボなども、そういう仕上げでローズSを負けてから勝ってますし、“不発なし”の末脚がここでMAXになるはずです」

デスク「去年のヌーヴォレコルトのように、逆にローズSを勝って本番で負けちゃった例もあるからな」

小桧山「脚質的に京都内回りが懸念されるかもしれないけど、そこはオークス馬の底力で何とかなるだろ」

那谷「ローズSは馬体のみならず気持ちにも余裕を持たせた仕上げ。“よくあれだけの着差で済んだ”と、初の伸び負けにも浜中騎手はサバサバしていたんだ。ただ、この座談会でも予告していた“秋華賞を意識した競馬”ができなかったことも確か。“まともに出たのはオークスだけ。出遅れたら腹をくくって乗るしかない”とも言っていたんだ。先週は、オパールSでタイレコード、京都大賞典ではラブリーデイが上がり32秒3をマークするほどの高速馬場だったから、ミッキークイーンが自慢の末脚を爆発させても、届かないというシーンは考えられるよな」

ミッキークイーン

ローズSを叩いて状態は上向き、オークス馬のミッキークイーン(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「そういうコースや馬場への不安は、ローズSを勝ったタッチングスピーチにも言えそうだが…」

瀬古「ルメール騎手は“札幌で結果を出している馬だから京都内回りは心配ないね。ただ、今回はもう少し前で運びたい”と言ってました。石坂師も“前走のパドックでは春当時よりもドッシリと落ち着いていました。札幌でも成長を感じましたが、ビックリするほどの勝ちっぷりでしたね”と。師の想像を超える成長力で、高速馬場もこなせると思います」

須藤「春には歯の立たなかった馬たちを負かしたことは、間違いなく成長を示すもので、力差も埋まったと思います。京都の芝で更に末脚に威力を増すディープ産駒ですし、脚質の不安もルメール騎手なら何とかしてくれるでしょう」

西田ミッキークイーンと同じ競馬をして1馬身半も突き放したのは、順調度の差があったとはいえ、決定的な差です。距離が少しでも延びるのはいいですし、瞬発力のより生きる馬場で、不安視する必要はないと思いますね」

清野「印は▲にとどめたんですが、タッチングスピーチがたぶん単勝2番人気になりそうですよね。過去10年で、2番人気馬が5勝、2着2回、3着1回というデータがあるのは不気味です」

佐藤直「そもそも今年のローズSはかなりのハイレベルだった中で、500万を勝ったばかりの身であんな競馬ができること自体、只者ではないよ。過去なんか振り返らずに、あの一戦だけで、ここでの勝利も決めたと思うぞ。ここを勝てばジャパンCに向かうそうだが、同じ厩舎だったジェンティルドンナの再来かもな」

デスク「そういうローズSの1、2着馬を差し置いて4着馬レッツゴードンキに◎を打ってきた本紙田崎は、どう見ているんだ?」

田崎「展開が厳しかったことを考えれば、ローズS4着という結果は、次に繋がるという意味で十分なものだったと思います。コーナー4回の2000mなら、息も入れやすいですし、オークスにしたって距離が敗因ではないと思いますから」

加茂「自ら主導権を取ってのキツイ流れで、上位3頭は差し・追込馬なら、4着でも一番強い競馬やったはず。“いいガス抜きができて、予定通り良くなっている”と、梅田智師も言うてたし、レース後に岩田康騎手も“内回りに替わる次はいける”と、自信たっぷりのコメント。距離が延びるのはけっしていい材料ではないとは思うんやけど、3歳馬同士なら能力で押し切れるんやないかな」

那谷「ホント岩田康騎手は強気らしいよ。“ハナに行かなくてもレースができる”とも言っていて、溜めたらいい脚も使える馬だからな。実際、牝馬三冠馬を除くと、オークス&秋華賞の二冠馬が4頭で、桜花賞&秋華賞の二冠馬は6頭というデータもあるんだ。秋華賞で求められる資質が、オークスよりも桜花賞に近いと言えるのかもしれないな」

小桧山「担当の寺田助手も“少しテンパリ気味の前哨戦を叩いて、というパターンは桜花賞と一緒で、本当にイイ状態”と。陣営の自信度では、この馬が一番かもしれないな」

レッツゴードンキ

前走4着からの巻き返しを図る桜花賞馬のレッツゴードンキ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル