武豊ラウダシオンを目標に 理想のレース運びシャインガーネット

佐藤直文 レース回顧
ファルコンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

適条件で輝き増す シャインガーネット

 重発表の馬場で前半3ハロンを33秒8のラップで飛ばした馬は確かに速かったが、離し逃げになった分、それ以外の馬にとってはそこまでのハイペースではなかった。ある程度、流れに乗って運ぶことができないと、勝負にならない競馬だったか。

 シャインガーネットは、好位から1番人気の2着馬を前に見ながら運ぶ理想の位置取り。直線では、その目標を捉えるだけだったが、力強い伸びで差し切った形だ。オルフェーヴル産駒らしく今日のような馬場も全く問題はなかったと言えるが、1600mよりも1400m、右回りよりも左回りの方がいい馬であろう。

シャインガーネット

牝馬シャインガーネットが差し切りV(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ラウダシオンは、前走こそ逃げ切りであったが、好位追走から早目先頭の今日の競馬は理想的な勝ちパターンであり、いい目標にされての負けは仕方ない。今日のところは馬場適性の差もあったはずだ。

 3着ヴェスターヴァルトは、中団から直線でよく馬群を捌いて差を詰めたが、上位2頭とは道中の位置取りの差。もう少し前で運びたかったと言えるが、距離もマイルの方が良さそうだ。

 4着トリプルエースも、3着馬と同じようなポジションでの競馬。道悪適性は高い馬だが、それを生かしてもここまでだったか。

 ビアンフェは、馬場が応えたとしてもちょっと意外な止まり方で、体調も伴っていなかったか。アブソルティスモは、今日の流れと馬場で出遅れて最後方からでは競馬にならず、ノーカウントと言えるかもしれない。

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル