満開の桜が見届けた雨中の激戦 制したデアリングタクト、オークスでは…

佐藤直文 レース回顧
桜花賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

抜けていた身体能力 デアリングタクト

 朝から降り続いた雨により、芝は昼前に良から稍重へ、そして桜花賞発走の1時間ほど前には重へと変更された。やはり、この馬場悪化の影響はあったと思えるが、この状況での前半1000m通過58秒0は明らかなハイラップであり、レースの上がりが38秒1という典型的な消耗戦。馬場適性とともに底力の問われる一戦になった。

 デアリングタクトは、序盤は中団の後ろで折り合いを付けていたが、そこからスムーズに外へ持ち出して、直線では大外からただ1頭だけ弾けて先行2騎を捉え切った。今日の馬場でこれだけの脚を使えたのだから、道悪の適性も間違いなく高かったと言えるが、それ以上に身体能力の高さが抜けていたと言えよう。折り合いが難しいタイプでもなく、今回が距離以上にタフさが要求される一戦だったことを考え併せれば、オークスでもとの期待をかけていいだろう。

デアリングタクト

後方から1頭だけ伸びてきたデアリングタクトが桜の女王に(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着レシステンシアは、外枠からジワっと前に行く形。内のスマイルカナも速かったために2番手に控える競馬となったが、このあたりは想定内だったとはいえ、やはりハナを切るのが理想の馬。それでも後続に脚を使わせる競馬で、改めて力は証明したように思う。

 3着スマイルカナは、対照的に自分の競馬ができて、持ち味をフルに生かし切った。直線で2着馬に交わされてからもバテることなく食い下がったあたり、ハナさえ切れれば相当な渋太さを発揮するタイプだろう。

 4着クラヴァシュドールは、序盤はリズム良く運べていたが、3コーナー過ぎでゴチャついてポジションを大きく下げてしまった。直線では内から勝ち馬に次ぐ上がりで脚を伸ばしていただけに、そのロスが悔やまれる。

 5着ミヤマザクラは、絶好のポジションで追走できていたが、勝負どころで脚が空回りした印象を受け、道悪自体が合わなかったか。ただ、直線ではよく盛り返しており、距離が延びるオークスでは確実にパフォーマンスを上げてくるはずだ。

 サンクテュエールは、好位のインでスムーズに流れに乗りながら直線で伸びを欠いたのは、道悪のためだろう。マルターズディオサも、前を見ながら理想のレース運びであったが、これまた今日の馬場が応えたと見るべきか。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル