辛勝でも示した“差”フィエールマン 6着キセキは「もっとハイラップで…」

佐藤直文 レース回顧
天皇賞(春)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

横綱相撲で連覇達成 フィエールマン

 皐月賞では昨年のサートゥルナーリアに続いて、今年もまたコントレイルが年明け初戦という異例のローテーションで制した。外厩も含めた調教技術や施設の進歩により、ぶっつけでのGI臨戦がもはや“異例”とは言えないことは重々承知の上だが、あくまでも他馬を圧倒する実力差があってこそ成し遂げられる快挙であり、今回のフィエールマンにしても、“けっしてトップコンディションではなかった”とレース後にルメール騎手が口にした通りの状態だったはずだ。それを考えると、ハナ差の辛勝であっても、圧倒的な能力の差を示した結果と言えるだろう。

 そのフィエールマン。ハイペースやタフな馬場での消耗戦になると、持ち前の瞬発力を生かせぬ不安もあったが、当初の雨予報も消えて流れも落ち着いたとあっては、理想的なポジションで思い通りの競馬ができたように思う。直線を向いてからは、これまたルメール騎手によると“物見をした”ことと、2着馬の抵抗もあって楽勝とはならなかったが、前述したように、これは着差以上の能力の違いを示したことに他ならない。

フィエールマン

粘るスティッフェリオをゴール前捉えたフィエールマン(桃帽)が連覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着スティッフェリオは、僚馬ダンビュライトの後ろに付けてこれまた理想的な競馬ができたと言えるが、それにしてもここまでの走りを見せたのは予想外だった。6歳を迎えたステイゴールド産駒だが、父同様にこれからまだまだ強くなる可能性もある。

 3着ミッキースワローは、道中は勝ち馬を前に見る絶好のポジションで運んでいたが、残り1000m地点から先に動いて行ったことが結果的に裏目に出てしまったか。ただ、それだけの手応えがあったからこそ鞍上も色気を持って仕掛けたものであり、勝ちに動いてのこの結果は立派であろう。

 4着ユーキャンスマイルは、道中でも外へ持ち出す気はさらさらなく、直線を向くと一頭だけ内ラチ沿いに進路を取ったもの。ただ、ロスなく立ち回っただけで、見せ場まではなかった。もう少し自分でレースを作れるようにならないと、GIの舞台では厳しいかもしれない。

 5着トーセンカンビーナも、最後方から自分の競馬に徹しての掲示板止まりだったが、阪神大賞典での勝ち馬との着差は全く同じで、力は出し切った結果と言える。

 キセキは、ゲートを普通に出て序盤は好位に控えていたが、無観客だったにもかかわらずスタンド前でスイッチが入ってしまった。鞍上の思い描いた競馬にならなかったと言えるが、溜めて行っての瞬発力勝負では明らかに分が悪い馬であり、もっとハイラップで飛ばして後続に脚を使わせた上でのスタミナ勝負が、理想的なのではないだろうか。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル