ラッキーライラック「不運」を克服し、歴史的名牝の仲間入り

佐藤直文 レース回顧
エリザベス女王杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

鞍上の計算と馬の能力が融合 ラッキーライラック

 今年は阪神内回りでの施行となったが、例年の京都外回りと比べると、距離は同じでも小回りでよりスタミナが問われるコース。ゆえに、連覇を狙うラッキーライラックにとっては、レースプラン自体も昨年を下敷きにすることはできず、昨年の勝利がけっしてアドバンテージとはならなかったはずだ。

 そのラッキーライラック。最初のコーナーまでの距離が長いとはいえ、けっして有利とはいえない大外枠からのスタートだったが、スタンド前あたりでスッと馬群に入れて道中はロスを抑える形で、このあたりはルメール騎手の巧さが光った。そして、3コーナーを過ぎてから再び馬群の外目から動いて行き、直線を向いて程なく先頭に立ったもの。完勝だった昨年とは違って、最後は詰め寄られはしたものの、競馬の内容としては本当に強かった。鞍上の緻密な計算と、それに応えた馬の能力の融合がもたらした4つ目のタイトル。同期にアーモンドアイを持つ“不運”を克服しての数字だけに、歴史的名牝の仲間入りを果たしたと言えよう。

ラッキーライラック

早目に進出したラッキーライラックが連覇達成のゴール

 2着サラキアは、ベストは1800~2000mと思える馬だが、道中でいたずらに動かず溜めるだけ溜めたことで、持ち前の末脚をフルに発揮できたもの。相手が一枚上だっただけのことだろう。

 3着ラヴズオンリーユーは、道中は勝ち馬とほぼ同じポジションだったが、3コーナー過ぎに勝ち馬が動いたところで、鞍上のアクションにスッと反応できなかったもの。ただ、状態自体は戻っていたはずで、昨年と同じ着順でも今年の方がいい走りだったと言える。

 4着ウインマリリンは、好位でロスなく込んで直線も最内をついて見せ場を作った。これまたオークス時のデキに戻っていたと言えるが、上位3頭とはまだ力の差があったか。

 5着センテリュオは、後方でジックリと構えて直線に賭ける形だったが、エンジンがかかったのは大勢が決してから。もう少し積極的に乗られていれば、結果は違ったかもしれない。

 ノームコアは、逃げ馬不在のメンバーでハナを切るのは事前の作戦通りだったのかもしれないが、ペース云々ではなく、この形の競馬に馬が慣れていなかったのだろう。状態自体は良かっただけに、ちょっともったいない競馬だったか。

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

有馬記念特集

2020年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル