大金星ギベオン激走の理由 4着グローリーヴェイズは「距離不足」

佐藤直文 レース回顧
金鯱賞

皐月賞・払戻金20万9000円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

シンガリ人気馬が猛追凌ぐ ギベオン

 先週は3場いずれも雨の影響を受けた馬場となったが、中京も土曜の芝はかなり時計を要した不良馬場だった。ただ、日曜は朝から好天に恵まれたことで、メインの金鯱賞も重発表ではあったが、かなり回復が進んでいたと思える。こういう時は、意外と馬場の内外の差もなくなるものであり、実際に直前の10Rに組まれた芝1400mでは、直線でインをついた馬のワンツー決着。メインへの伏線だったかもしれない。

 ギベオンは、これまでのキャリアで一度も逃げたことはなかったが、キセキ以外にハナへ行く馬がいないと思えるメンバー構成で、スタート直後に鞍上が右をチラリと見てその姿がないことを確認してハナへ行ったもの。今日の馬場で1000m通過61秒4なら、そこまでのスローではなかったが、前走で背負った59キロから3キロ軽くなり、気分良く走ることができたことと、直線で差し馬のキレ味が削がれる馬場も味方に付けて、まんまと逃げ切った形だ。

ギベオン

猛追をクビ差退けたギベオンが重賞2勝目

 2着デアリングタクトは、道中は中団で折り合いに専念し、直線で外へ持ち出して追い上げ態勢に入ったが、少し反応が悪かったのは久々の分もあったか。残り1ハロンを切ってからようやくエンジンがかかって、らしい伸びを見せたが、今日は逃げた馬の競馬だった。前を捕え切れなかったとはいえ、格好は付けた強い2着であり、次へつながる競馬ができたように思う。

 3着ポタジェは、好位外目の追走から、直線でもフラつく若さを見せながらしっかりと脚を伸ばしたもの。連勝中の勢いは十分に感じさせ、今後が楽しみとなる走りであった。

 4着グローリーヴェイズは、ゴール前で一旦は2番手というシーンもあったが、最後に伸び負けたのは、久々というよりも2000mが距離不足の分だろう。

 5着キセキは、ゲートは普通に出たがテンから行く気がなく後方に控える形。勝負どころから2着馬を目標にして動いて行ったが、最後は突き放されてしまった。

 ブラヴァスは、逃げ馬を前に見ながらの理想的な位置取りだったが、直線を向いた時点ですでに手応えがなかった。重馬場もこなしていた馬だけに、ちょっとガッカリの内容。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

皐月賞・払戻金20万9000円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

皐月賞・払戻金20万9000円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2021年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル