大阪杯 人気の“3強”で買える馬、買えない馬

重賞データ攻略
大阪杯

皐月賞・払戻金20万9000円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

“3強”で信頼できるのは

 GIIで施行されていた時代もメンバーレベルの高い一戦だったが、2017年にGIに昇格してからは、やはり傾向も明らかに変わってきている。何と言っても重要なのがGIでの実績で、GI昇格後の近4年で馬券対象となった12頭中、11頭までにGI連対の実績があった。例外は17年3着のヤマカツエースだが、これは前哨戦の金鯱賞勝ち馬であり、金鯱賞の勝ち馬が不在の今年は、グランアレグリアコントレイルサリオスの“3強”に、ペルシアンナイトワグネリアンを加えた5頭の争いと見ることもできる。ただ、12頭中、4歳馬が6頭、5歳馬が5頭と、5歳馬以下が11頭までを占めていることを考えれば、やはり“3強”だけが生き残るという見方もある。

 その“3強”のデータ上の比較だが、中距離での実績がないグランアレグリアは一枚割り引かざるを得ないだろう。実際に出走歴があって結果を出せていないのではなく、出走歴のない未知数の馬であり、前例もない以上、扱いは難しいのだが、これがGII時代であれば買えても、GIとなると…という感も受ける。となると、コントレイルサリオス。皐月賞好走馬の好走率も高いレースだけに、この2頭を信頼したいが、対戦成績で2戦2勝のコントレイル上位は動かないだろう。

 

コントレイル&サリオス

昨年皐月賞の再現なるか


浮上の可能性を残す穴馬は

 ただ、気になるデータがひとつ。前走が有馬記念という馬の好走例はあるのだが、それよりも休養期間の長い休み明けの馬は、近4年で〔0・0・1・5〕と、連に絡んではいないのだ。そこまでの馬がいなかったとも言えるが、現に前年のダービーを勝った一昨年のワグネリアンが、神戸新聞杯以来の休み明けで3着止まりだったことを思えば、いずれも前走が11月の“3強”に全幅の信頼を置けるかどうかは微妙と見ることもできる。穴馬なら、ということでワグネリアンを再浮上させたい。昨年は5着と敗れたが、これまたJC以来の休み明けだったものであり、京都記念を一叩きして臨む今年は過去2年以上のパフォーマンスも可能なのではないだろうか。

結論

◎コントレイル
〇サリオス
▲ワグネリアン

皐月賞・払戻金20万9000円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

皐月賞・払戻金20万9000円! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2021年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル