データが指し示す勝ち馬は 2頭に絞られた! 【阪神牝馬S】

重賞データ攻略
阪神牝馬S

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

信頼できる1番人気馬 馬券圏内は確保できそう

 2014年から1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられているが、ここでは距離も1600mとなって、より前哨戦の色合いが濃くなった16年以降の過去5年のデータを元に考察する。

 まずは1番人気馬の取捨。【1・1・1・2】という過去5回しかないデータから、そう多くのことを読み取ることはできないが、馬券対象外に消えた2頭はともにGI勝ちの実績があった馬。その実績で、当時の状態など以上に人気になっていたと言えるかもしれない。逆に考えると、GI勝ち馬が不在の今回は、何が1番人気になったとしても、ある程度の信頼はできるとも言える。

 次に勝ち馬の条件だが、前走で重賞勝ちを果たしていた馬が3頭、そして残る2頭にはGI連対の実績があった。これで線を引いてみると、今回はイベリス(前走・京都牝馬S勝ち)と、マジックキャッスル(前走・愛知杯勝ち&秋華賞2着)のみが権利持ちとなる。2頭の比較となるが、ダブル権利持ちのマジックキャッスルには、関東馬が【0・0・0・5】というマイナスデータが存在する。一方、イベリスには京都牝馬S勝ちが2戦2勝という頼もしいデータもあるだけに、こちらを上位に取りたい。

イベリス

前走の京都牝馬Sを鮮やかに逃げ切ったイベリス


2頭に割って入るなら 上がり目の見込めるコノ馬だ

 勝ち馬の条件については既に示したが、2・3着馬の前走に目を向けてみると、対象10頭のうち、昨秋のGIが2頭、牡馬混合のマイル重賞が2頭、京都牝馬Sが3頭、3勝クラス(1600万)勝ちが3頭となっている。先に挙げた2つの条件に該当する馬はおらず、後の2つとなるが、京都牝馬S組のギルデッドミラーブランノワールと、3勝クラス勝ちのデゼルが浮上する。中でも最も注目したいのがデゼル。前走で3勝クラス(1600万)を勝った馬は【0・2・1・6】という悪くない数字だが、これを年齢的な上がり目の見込める4歳馬に限定すると【0・1・1・2】と好走率も跳ね上がる。

結論

◎イベリス
〇マジックキャッスル
▲デゼル
△ギルデッドミラー
△ブランノワール

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

クイーンSで13万4740円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル