圧倒的な能力と高い完成度で メジャーエンブレムが2歳女王の座に

佐藤直文 レース回顧
阪神ジュベナイルフィリーズカペラSチャレンジカップ

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

インをミルコがこじ開けて初重賞 フルーキー 【チャレンジC】

 阪神土曜のチャレンジCは、先週のサンビスタに続いて、ミルコ・デムーロ&角居厩舎。そのチャンピオンズCと同じ時期に紛らわしいレース名称は、どうにかしてほしいものだが…。

 フルーキーにとっては、ようやくの初重賞制覇となったわけだが、過怠金を科せられたほどタイトなインをこじ開けたミルコの騎乗ぶりには、2着や3着は要らない、という勝利への執念が感じられた。秋3戦目を迎えて、状態の方もピークに近づいていたと言えるが、ミルコがあそこまでリスクを冒さず、普通に外を回していても勝てていたのではないかと思う。

フルーキー

M.デムーロ騎乗フルーキーが悲願の重賞初制覇(撮影:日刊ゲンダイ)

 ヒストリカルは、4角ではフルーキーの直後だったが、こちらは上手に外目へ持ち出して脚を伸ばしたもの。3歳春に毎日杯を勝った以降はなかなかタイトルに恵まれなかったが、久々の重賞2勝目も遠くないはずだ。

 3着シベリアンスパーブは、直線で外目から一旦は完全に抜け出した形。自身が止まったと言うより、上位2頭が強かったものであり、これまた今後が楽しみな本格化である。

 4着ワールドエースはこれが引退レース。屈腱炎による長いブランクから、よく立ち直った馬であったが、ダービーで1番人気に推されたほどの馬が完全復活とはならなかった。今後は種牡馬として、産駒に思いを継いでほしい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル