シャフリヤールとエフフォーリア 最後の「ハナ差」が意味するものは何か

佐藤直文 レース回顧
日本ダービー

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

勝負を分けたのは経験の差 五千人が見守ったシャフリヤールのハナ差V

 前半1000m通過が60秒3。8レースに組まれた同じ距離の2勝クラスが、前が飛ばしての59秒3の通過であり、けっして速い流れではなかったのだが、ダービーレコード決着となったのは、後半の1000mが57秒0という激流になったためである。単なる瞬発力勝負ではなく、相当なスピードの持続力が問われる勝負となった。

 シャフリヤールは、中団で前にエフフォーリアを見る形での追走となったが、直線を向いて狙った外に進路が見つからず、残り1ハロンの地点から抜け出していたエフフォーリアの内に進路を取ったもの。その時点でも前とは差があったのだが、追い出しが遅れた分だけ伸びは鋭く、共同通信杯では完敗を喫した相手を見事に捉えて見せた。最後のハナ差は鞍上がダービーの勝ち方を知っていた分もあったろうか。インタビューでは“スムーズな騎乗ができなかった”と語っていたが、ゴール板を過ぎたところでは再びエフフォーリアが前に出ていたように、馬の持てる力をフルに引き出した騎乗だったように思う。皐月賞をパスしてここに備えた陣営もまた、さすがはダービートレーナーと言えるものであり、それもまた最後のハナ差に現れたのではないだろうか。

シャフリヤール

エフフォーリア(白帽)を内から僅かに差し切ったシャフリヤール(黄帽)

 2着エフフォーリアは、枠なりに道中はインをロスなく立ち回り、4コーナーでもスムーズに外へ持ち出されて一旦は完全に抜け出したもの。最後は目標となって差されてしまったが、断然の1番人気を背負って文句の付けようがないレースぶりだったことも確かであり、ジョッキーを責めることはできない。この悔しさを晴らす機会が訪れるのも、そう遠くはないはずだ。

 3着ステラヴェローチェは、後方でジックリと脚を溜めて直線に賭けた形だったが、ここまでだった。おそらく距離はこれがギリギリと言えたが、いずれは中距離で大きいところを勝てる馬だろう。

 4着グレートマジシャンは、今日のところはキャリアの差。まだまだ伸びしろが十分に見込めるだけに、秋にはこの差を詰めることができるはずだ。

 5着サトノレイナスは、前で運んで勝ちに行く正攻法の競馬。最後は後半の激流で苦しくなり、外へモタれてしまったが、力は十分に示す走りだった。結果は出せなかったが、牝馬の果敢なチャレンジに惜しみない拍手を贈りたい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル