10着アルジャンナは溜められず 「意外なペース」生んだ騎手心理とは?

佐藤直文 レース回顧
エプソムカップ

スプリンターズS 31万6750円的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

8ヶ月ぶりも何のその ザダルがヴィクトリーロードを一気に突き抜ける

 開催が進んで馬場が荒れてきたとはいえ、まだソコソコに速い時計の出る東京の芝。ただ、最後の直線では荒れた内を回って伸びる馬は少なく、馬場の中ほどから外がヴィクトリーロードだ。かと言って終始外を回る競馬では厳しく、理想的なのは、道中はインで距離ロスを抑えて直線でスムーズに外へ持ち出すパターン。実際にその形での好走例も多いのだが、エプソムCのようにフルゲートかつ実力拮抗のメンバーでそういった競馬をするなら前々で運ぶしかない。そのあたりの騎手心理も働いて、意外と淀みのない流れになったと思える。

 ザダルは、中団馬群の中で道中は距離ロスも抑えながらの追走。直線を向いて、馬群がバラけたところで前が一瞬ポッカリ開いたチャンスを逃さずに、一気に突き抜けた形だ。操縦性の高さはもちろんのこと、東京1800m自体も合っていたと言えるが、8ヶ月ぶりでプラス12キロの馬体は、良くて85点程度のデキだったものであり、能力自体の高さを十二分に示す勝利だった。

ザダル

3番人気の5歳馬ザダルが重賞初制覇

 2着サトノフラッグは、道中は後方でジックリ構え、直線を向いたところでは勝ち馬の直後のポジションだったが、前が開いた勝ち馬とは対照的に、こちらは進路を探しながら脚を伸ばしたもの。ゴール前で少し狭くなる不利はあったものの、鞍上が巧く力を引き出したと言える。

 3着ファルコニアは、出負けしたが道中はインを立ち回ってロスを挽回し、直線を向いたところでは前を射程圏に入れていた。ただ追われての反応が一息だったのは、外へ持ち出せなかった分もあったが、やはり道中で脚を使った分か。もっと脚をタメる形で運んだ方がいいとも思えるが、このあたりの課題をクリアすればまだまだ上を目指せる器だろう。

 4着ヴェロックスも、枠なりに内を回って直線でも内、というパターンだったが、1800mは距離不足とも思える馬だけに、復調は十分に示す走り。次走は注目したい。

 アルジャンナは、前々で運んで直線で馬場の中ほどに持ち出す理想的な競馬ができたが、いざ追い出されると全く伸びなかったもの。マイルからの距離延長もあったが、やはりジックリと脚を溜めて運んでこその馬だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

スプリンターズS 31万6750円的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

スプリンターズS 31万6750円的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル