田辺の「一瞬の判断」が導いたV 3着ソングラインには「厳しい洗礼」

佐藤直文 レース回顧
関屋記念

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

鞍上の好アシストでサマーマイル王手 ロータスランド

 後続を離して逃げた馬の1000m通過は58秒1。前日までの雨で荒れていたとはいえ、午後になってから良へと回復した馬場を考えると、完全に前有利のペースであった。その逃げ馬を巧く利用して2番手から鮮やかに抜け出した勝ち馬は、能力もさることながら、鞍上の好騎乗も光ったと言える。

 そのロータスランドは、スタートから出して行って内ラチ沿いの2番手のポジションを確保。直線を向いて外に併走する馬がいたこともあって、馬場のいい外へ進路を取ることができなかったが、一瞬の判断で逃げた馬の内に併せて抜け出した形だ。1頭になるとソラを使う面もある馬だが、前述したように巧く逃げ馬を利用して追い出しも我慢したことで、外からの猛追も凌ぐことができたもの。これがテン乗りとは思えない田辺騎手の見事な手綱捌きだった。

ロータスランド

テン乗り田辺に導かれたロータスランドが重賞初勝利

 2着カラテは、断然人気の3着馬をピッタリとマークする形で、5キロ重い斤量を背負って最後はしっかりと捕え切ったのだから、力を付けている証拠だろう。結果2着はマークする相手を間違えたとも言えるが、これは勝ち馬の立ち回りを褒めるべきだ。

 3着ソングラインは、スタート直後に寄られて頭を上げるシーンはあったものの、以降はスムーズな競馬。ただ、道中から2着馬にプレッシャーをかけられる形だったもので、初の古馬相手で厳しい洗礼を受けたとも言える。

 4着マイスタイルは、これ以上ない絶妙なペースでの逃げで持てる力を出し切ったもの。スピードの持続力が問われる新潟マイルも合っているように思えた。

 アンドラステは、序盤のポジション取りが一息で、直線を向いた時点でも2・3着馬の後ろの位置。大外から一瞬は伸びかけたが、そこまでキレるタイプでもないだけに、今日の流れと位置取りでは出番がなくても仕方はなかった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

神戸新聞杯で9万2700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル