ルメール衝撃の「2度見」 日本レコードVウィズグレイスに★8つ

優馬2歳馬チェック

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

「ルメール×国枝厩舎」のタッグに新たなヒロイン候補 ウィズグレイス

11/28 (日) 東京4R 2歳未勝利 芝2000m
ウィズグレイス 牝 馬体重:454kg
★★★★★★★★ 8点
騎手:C.ルメール  厩舎:(美浦)国枝栄
生産:社台ファーム
馬主:社台レースホース
父:ディープインパクト
母:カラライナ(カーリン)

 人気に推されたデビュー戦は、極端なスローの展開を上がり34秒0で追い上げるも、終始外目を回らされる形ではさすがに厳しく5着に敗れた。迎えた2戦目、このレースには前走ルメール騎手が跨っていた馬が4頭も出走していたが、本馬を選択したのもやはり期待の表れだろう。レースではアオり気味ではあったが、東京芝2000mの最内枠ということもあり、前々での競馬を選択。行き脚がついて、スピードの違いからハナを切る形に。1000m通過は59秒2と厳しい流れに持ち込んだが、当の本馬は平然とペースを刻んでいた。終始、折り合いもついて、4コーナーで外から競られても持ったまま。直線半ばでステッキが入ると、ギアを上げて独走態勢に。鞍上のルメール騎手はターフビジョンで一度後続との差を確認し、更に右左で一度ずつ振り向いて確認するほど余裕たっぷり。それでありながら、勝ち時計は芝2000mの2歳日本レコードをコンマ4秒も更新するのだから、ポテンシャルは底知れない。

ウィズグレイス

良血馬ウィズグレイスが2戦目で圧巻レコードV

・馬体診断
 パドックではコトコトした歩様で、歩幅が狭く常歩ではそこまで柔らかみは感じないタイプ。まだトモにパワーも付き切っていないせいか、初戦同様にスタートは一完歩目が遅い。それだけまだ未完成の体であるのに、2歳レコードを余力十分にマークするのだから相当な奥を感じる。牝馬ながら一度競馬を使っても馬体が増えていたのは良い傾向。スラっとした体形でいかにもゆったり運べる距離は合う。

・血統診断
 父はディープインパクト。母カラライナはエイコーンSなど米国でGI3勝を挙げ、その他にもBCディスタフ3着の実績があり、本馬が初仔となる。気性は母の血が色濃く出ているのか、牝馬ながらサンデー系のカリカリした感じはみられず、パドックやレースでも落ち着き十分。母が不良馬場9Fの米ダートGIを圧勝しているように、卓越したスピードセンスとスタミナは母系からくるモノもあるのだろう。

【将来性まとめ】→ 2歳日本レコードを牝馬が余力十分にマークと、その走りはまさに怪物。レースぶりや馬体からも距離の融通は利きそうで、クラシックディスタンスを意識できる好素材。まだ成長途上ではあるが、大事に使っていければ先々はオークスが楽しみだ。

 

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル