変幻自在の横山典 スムーズさ欠いたルメール 勝敗を分けた攻防とは?

佐藤直文 レース回顧
シンザン記念

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

息子たちにはまだ負けられない 横山典マテンロウオリオン

 年明けからの中京の芝は、内が見た目に荒れているものの内有利の馬場状態。むしろ内しか伸びないと言ってもいいほどだったが、ここでもインを巡っての攻防で有力馬が明暗を分けた結果となった。

 マテンロウオリオンは、スタートを決めて馬自身も行く気になっていたこともあって、鞍上も逆らわずに好位へ。結果的に絶好位のインに収まることができた。折り合いもスムーズに付いての追走で、直線で苦もなく抜け出すと2着馬の追撃をクビ差凌いでのゴールだった。前走は大外から豪快に差し切ったが、打って変わっての競馬は、この鞍上ならではのもの。ダイワメジャー産駒だけに、距離はこのくらいが理想の馬だろう。

4番人気の横山典マテンロウオリオンが連勝で重賞制覇

4番人気の横山典マテンロウオリオン(奥)が連勝で重賞制覇

 2着ソリタリオは、中団からソツなく乗られて最後までしっかりと脚を伸ばしたが、最高に乗られた勝ち馬に届かなかったのも仕方はなく、力は十分に示す走りだった。

 3着レッドベルアームは、今ひとつ弾け切れなかったが、体型やトビの大きさを考えるとマイルは距離不足かもしれない。

 4着ビーアストニッシドは、最内枠を巧く生かし切った形だが、道中で行きたがる面を見せていただけに、今後は気性面での成長が鍵となる。

 ラスールは、出負けしてポジションを取れず、さらには力んで頭を上げるなどスムーズさを欠く走り。直線でもインに固執して不利を受け、ようやく前が開いても序盤で折り合いを欠いた分、伸びも一息だった。父は馬場不問であったが、この馬に関しては綺麗な馬場の方がいいかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル