【日経新春杯】過酷ローテのステラヴェローチェよりも“軸にオススメの1頭”とは

重賞データ攻略
日経新春杯

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年の日経新春杯の傾向分析~

※今年も昨年と同様に中京芝2200mを舞台に施行される。

◇年齢別成績
・4歳  〔7.3.0.20〕
・5歳  〔2.4.5.25〕
・6歳  〔1.3.5.29〕
・7歳以上〔0.0.0.42〕
4歳馬が最多10連対で、勝率・連対率・複勝率ともトップ。

◇ハンデ別成績
・52キロ 〔2.1.2.12〕
・53キロ 〔1.1.0.13〕
・54キロ 〔1.2.0.22〕
・55キロ 〔4.2.1.24〕勝率・連対率1位
・56キロ 〔1.4.4.19〕複勝率1位
・57キロ 〔0.0.0.7〕
上記の通り、55~56キロの馬がデータでは優勢。しかし近2年はハンデ53キロ以下の軽ハンデ馬の好走が多いことも押えておきたい。

 

今年注目したいのは、ヨーホーレイク(栗東:友道厩舎)

きさらぎ賞

復帰緒戦から明け4歳ヨーホーレイクに注目だ!(写真:左)

明け4歳で55キロで臨む本馬だが、目の外傷から治療が長引いてしまい神戸新聞杯は回避。回復に時間を要したため菊花賞も断念せざるをえなかった。そうした経緯から、昨年のダービー以来の実戦となる。中京コースはきさらぎ賞でクビ差2着と接戦した相性のいい舞台で、川田将雅騎手とのコンビも今回で2度目となる。ダービーでは道中から馬込みでプレッシャーを多く受けながらの競馬。直線でも馬群を巧く捌けず、0.6秒差7着なら十分に力を示す内容だった。今回は久々になるが、15年にアドマイヤデウスがダービーからの臨戦で勝っておりデータ的に問題はない。昨年から使い詰めの同期ステラヴェローチェとも2キロの斤量差があり、配当妙味があるこちらを狙ってみる。


 

◇牝馬に注意
・昨年も13番人気のミスマンマミーアが2着に入ったように牝馬の好走もあるレース。好走した3頭の牝馬の共通点は〔関西馬・5~6歳・前走6着以内〕。今年これらに該当するクラヴェル(栗東:安田翔厩舎)にも注意しておきたい。(優馬データ班)

クラヴェル

紅一点 クラヴェルの末脚に警戒する

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週は49万7800円の的中も プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル