2022年は4歳世代が“席巻”か 負けて強しステラヴェローチェは「一旦オーバーホールを」

佐藤直文 レース回顧
日経新春杯

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

同期とのマッチレースを制し ヨーホーレイクが再びGI戦線へ

 2頭だけ出走していた明け4歳牡馬によるワンツー決着。2頭とも三冠レースで入着歴があったのに対し、5歳以上の馬たちにそこまでの実績馬が不在であったことを考えると順当な結果だったかもしれないが、3着には3馬身もの水が開いたことや、有馬記念の結果もふまえると、今後の芝中長距離路線も4歳世代が席巻していくものと思われる。

 ヨーホーレイクは、中団から断然人気のステラヴェローチェを常に前に見る形で運び、4コーナー手前からのステラの仕掛けにも余裕の手応えで対応したもの。直線では外に馬体を併せてキッチリと交わし切った強い競馬であった。皐月賞ではコンマ1秒差、ダービーでは直線で不利があって脚を余したことを思えば、ステラとは差のない力を示していた馬。このあと順調であれば、もうひとつ上のステージでの期待も高まるはずだ。

ヨーホーレイク

同じ4歳世代のライバルを退けたヨーホーレイクが重賞初制覇

 2着ステラヴェローチェは、勝ち馬に格好の目標とされたとはいえ、57キロを背負ってのこの走りは、負けて強しと言える内容。有馬記念からの中2週でも、その影響を感じさせない走りであったが、今後は一旦オーバーホールが必要となるだろう。

 3着ヤシャマルは、2000mを中心に使われてきた馬だが、より長目の距離に適性がありそうな走りだった。

 4着エフェクトオンにも同じことが言えそうだが、メンバー次第ではGIIIのどこかでチャンスがあるかもしれない。

 クラヴェルは、折り合い重視で運んで直線勝負に賭けたが、牡馬相手の2200mは少し距離が長いかもしれない。フライライクバードは、パドックからテンションが上がっていて、レースでもかなり行きたがっていた。その分、直線を向いた時点で手応えがなかったが、状態自体も本物ではなかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル