“ケレン味なし”パンサラッサ エフフォーリアの前に現れた「厄介な馬」

佐藤直文 レース回顧
中山記念大阪杯

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

影すら踏ませぬハイラップで パンサラッサが悠々の逃走V

 逃げた馬の1000m通過ラップは57秒6。それはそれでかなり速い流れだったのだが、そこから息を入れるのではなく全くペースを落とさずに、1000m通過の時点で2~3馬身だった2番手との差もみるみる広げた形。こうなっては、後続も早めに脚を使わざるを得ず、結果的には逃げた馬の競馬となってしまった。

 そのパンサラッサ。さすがに最後は脚が上がっていたが、4コーナーでセーフティリードを保ち、勝負どころから師を使った後続も35秒台で上がった馬が皆無だったのであれば、悠々の逃げ切りだった。過去4勝は全て2000mでのものだったが、おそらく小回りの1800mがドンピシャの馬。大阪杯のメンバーを相手にここまで楽な競馬ができるかどうかはさて置いても、これほどまでにケレン味のない逃げは、エフフォーリアら有力馬にとって脅威となるはずだ。

パンサラッサ

直線に入ってもセーフティリードを保つパンサラッサの大逃げ

 2着カラテは、速い流れの中で置かれ気味での追走だったが、勝負どころから長く脚を使い最後までしっかりと伸びたのは、目下の充実の証しだ。1800mの距離自体も全く問題はなかったが、年明けからキツい競馬が続いているだけに、一旦はオーバーホールが必要かもしれない。

 3着アドマイヤハダルは、中団から早めに前を追いかけていく厳しい形で、最後は2着馬に交わされてしまったものの、内容はあった。まだ良くなる余地も残しているだけに、いずれは重賞を勝てる器だろう。

 4着ガロアクリークは、距離以上にスタミナを要する流れになったことで浮上した形だが、久々でここまで走れば、次走以降が楽しみとなる。

 ダノンザキッドは、スタートでアオった上に、1コーナーでも接触するなど、自分のリズムで走ることができなかった。途中で脚も使わされたことを考えると、結果も仕方はないが、それにしても負け過ぎの感は受ける。ホープフルS勝ちがあるとはいえ、基本的に右回り、特に小回りコースが合っているとも思えず、やはりベストは東京コースかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル