差せなかった武豊ドウデュース「本番に繋がる競馬」は出来たのか

佐藤直文 レース回顧
弥生賞

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

“Bプラン”でも結果オーライの勝利 アスクビクターモア

 風の影響もあったか、先に行きたい馬が揃っていた割には1000m通過ラップは61秒1のスローペース。上位入線馬は、道中のポジションや4コーナーでどこを回ったかがそのまま着順に反映したと見ていいかもしれない。

 アスクビクターモアは、序盤に力んで持って行かれ気味の2番手追走となったが、本来はもう少し抑えて運びたかったところの“Bプラン”の競馬でも、結果オーライの形だった。もちろん、“Aプラン”の競馬で勝ってこそ本番に繋がるのは確かだが、中山コースの適性を改めて示す走りではあった。

アスクビクターモア

1番人気ドウデュースの追撃を凌いだアスクビクターモアが前哨戦を勝利

 2着ドウデュースは、流れに応じてポジションを取れるセンスの良さを見せたが、勝負どころで反応が一息だったあたりは久々の分だろう。外を回さずにしっかりと脚を伸ばして初のコースと距離に対応し、こちらは本番に繋がる競馬ができたように思う。

 3着ボーンディスウェイは、折り合い重視で運んだ分、最後までしっかりと脚を使うことができたが、2着馬の外に併せながら追い負けたあたり、やはりもっと行った方がいいタイプかもしれない。

 4着ジャスティンロックは、出負けしての後方追走から外を回って追い上げるという今日の流れでは厳しい形を考えれば、よくここまで差を詰めたと言える。もうワンランクの成長があれば、クラシックの舞台でも楽しみが持てそうだ。

 5着インダストリアは、イレ込みがキツく道中も気の悪さを見せながらの走り。スローの2000m戦では、現状での対応が厳しかったとも言える。

 マテンロウレオも、イレ込んで折り合いを欠き、馬群の中で鞍上が抑えるのに苦労するほどでは、競馬にならなかったのも仕方はない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オールカマー10万9700円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル