【桜花賞】ナミュールの敵は関東馬にアリ!?「無視できないライバルとは」

重賞データ攻略
桜花賞

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年の桜花賞の傾向分析~

今年のヒロイン候補の筆頭と言えるのが、2歳女王サークルオブライフらが揃った前哨戦のチューリップ賞を快勝したナミュール(栗東:高野厩舎)だろう。キャリア4戦3勝、出遅れてチグハグな競馬になってしまった阪神JFでも4着と、底をみせていないレース振り。ここでは、ナミュールの取捨にまず触れていきたい。

◇1番人気が〔1.3.1.5〕と振るわない成績だが、チューリップ賞の勝ち馬に限れば4,1,3,2,4着と安定している。今年チューリップ賞でナミュールが叩き出した勝ち時計はレース歴代2位タイと優秀。

◇阪神外回りというコース形態もあり、上がり3F最速をマークした馬が〔5.3.0.3〕と好成績を収めている。
その好走した8頭の共通点は以下の通り
前走がマイル戦(8頭中8頭)
前走が関西圏 (8頭中8頭)
前走4人気以内(8頭中8頭)
前走上がり最速(8頭中6頭)

※これらのデータに合致するナミュールは、軸に信頼できる1頭といえるだろう。

ナミュール

ナミュールが桜の舞台で阪神JFの雪辱を果たす!



相手候補には、近年のトレンドとなりつつある暮れの2歳G1からの直行組がまずポイントに挙がる。しかし、過去に直行ローテで好走した馬たちは暮れの2歳G1まで無敗で駒を進め、上位人気に支持されていた。今年、阪神JFから直行するラブリイユアアイズは前走2着に好走したとはいえ8人気の伏兵扱い。過信は禁物か。

ここでは、近5年連続で馬券に絡んでいる「右回り経験・マイル重賞勝ちのある関東馬」に注目してみたい。まずは、フェアリーSを後方一気で差し切ったライラック(美浦:相沢厩舎)。今回は福永騎手へ乗り替わりとなるが、昨年3着のファインルージュとローテーションなど似通った点が多く注意が必要だ。もう一頭が2歳女王サークルオブライフ(美浦:国枝厩舎)。阪神ジュベナイルF勝ち馬は〔1.3.1.4〕と、昨年無敗で戴冠のソダシ以外は勝ち切れていないが、3着以内を外した4頭も6,5,4,4着と大崩れはしていない。2~3着候補で狙う価値は十分ある。(優馬データ班)

ライラック

決め手はG1でもヒケを取らないライラック

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル