【ヴィクトリアマイル】過去の傾向に合致する「一発の魅力ある穴馬」とは

重賞データ攻略
ヴィクトリアマイル

ヴィクトリアマイル的中 払戻金25万8890円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年のヴィクトリアMの傾向分析~

三冠牝馬デアリングタクトが復帰戦を迎える注目の大一番。他にもアカイイト、ソダシ、レイパパレ、レシステンシアといったG1馬が集結し、牝馬限定G1ながら豪華メンバーが揃った。ヴィクトリアマイルの大きな傾向としては、過去10年をみても「リピーター」の活躍が顕著にみられることだろう。

【過去10年のリピーター】
・ホエールキャプチャ
 2012年1着(4歳)→2013年2着(5歳)
・ヴィルシーナ
 2013年1着(4歳)→2014年1着(5歳)
・ストレイトガール
 2014年3着(5歳)→2015年1着(6歳)→2016年1着(7歳)
・ジュールポレール
 2017年3着(4歳)→2018年1着(5歳)
・ノームコア
 2019年1着(4歳)→2020年3着(5歳)

上記を踏まえて、今年は昨年の3着馬マジックキャッスル(美浦:国枝厩舎)に注目する。鞍上の戸崎圭太騎手もヴィクトリアマイルとは相性が良く、ここまで8回騎乗し〔2.0.2.4〕と好成績を残している。

マジックキャッスル

昨年3着のマジックキャッスルが、今年は波乱の立役者となるか!?

「リピーター」で最も好走例が多いパターンは、4歳→5歳で好走する点。そして、例に挙げたリピーターの全頭が前走5着以下に敗れていたこと、リピーターの多くが2年目は人気を落としていたことも共通点として挙げられる。同馬もそのパターンに合致しており、近走は府中牝馬S15着→愛知杯9着→阪神牝馬S5着と、昨年の勢いに欠くことから今年は軽視されやすいはず。今回と同じ中4週のローテで〔0.2.1.0〕と崩れていないのも強調材料。ヴィクトリアマイルは、過去に3連単2,000万円超えの大波乱も巻き起こった荒れることの多いレースで、G1馬よりも配当妙味のありそうなこの馬から入ってみる価値は十分ありそうだ。(優馬データ班)

 

ヴィクトリアマイル的中 払戻金25万8890円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ヴィクトリアマイル的中 払戻金25万8890円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2022年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル