【京成杯AH】「荒れるハンデ重賞」で馬券の軸に信頼できる1頭とは!?

重賞データ攻略
京成杯オータムハンデ

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年の京成杯オータムHの傾向分析~

 今週から秋競馬が開幕。その幕開けを告げる京成杯オータムハンデは、直近3年連続で10番人気以下の馬が馬券に絡んでおり、一筋縄ではいかないハンデ重賞。過去10年においても、トップハンデ馬の勝利はなく〔0.2.1.10〕と信頼度は低い。

 注目すべきは、「前走ハンデ戦出走馬」で〔5.1.3.19〕単勝回収率320%・複勝回収率146%とハイアベレージをマークしている。その中でも、好走が多いのは圧倒的に“牡馬”。これらを【前走1400m以上・前走0.7秒差以内・前走ハンデ55キロ以上】の条件を満たす馬に限り、今回トップハンデとなる馬を除けば〔3.1.3.2〕と好走率はかなり高い。

これらのデータに今年該当するのは、ファルコニア(栗東:高野厩舎)1頭のみ。マイルでは勝ち切れてこそいないものの、GII3着を含め全て馬券圏内を確保と堅実さが光る。加えて前走4着以内に好走したディープインパクト産駒は、過去10年当レースで〔1.4.1.2〕と好成績。ここはデータ的にも目が離せないだけに、軸に信頼したい。

ファルコニア

ファルコニアが待望の重賞初タイトルを掴めるか



 

◇騎手別成績
・田辺裕信 〔3.1.1.3〕
・横山典弘 〔3.0.0.3〕
・戸崎圭太 〔2.2.0.2〕
 中山芝1600mという特殊なコース形態もあるせいか、関東所属の中堅からベテラン騎手の活躍が顕著。上記3騎手は、単勝・複勝回収率ともに100%超えと馬券的妙味も十分あり、今年は騎乗機会のある戸崎圭太ジョッキーとコンビを組むルークズネスト(美浦:久保田厩舎)を穴候補に抜擢したい。(優馬データ班)

ルークズネスト

重賞勝ち馬ルークズネストが、戸崎圭太騎手とのコンビ2度目で一発を秘める

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル