【セントライト記念回顧】ガイアフォース「主役不在」の乱菊へ 2着アスクは「相手を褒めるべき」

佐藤直文 レース回顧
セントライト記念

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

捻じ伏せて堂々と名乗り ガイアフォース

 稍重発表とはいえ実質は限りなく重に近い馬場だったことを考えると、1000m通過60秒3のラップも淀みのない流れだったか。それにより各馬が現時点での力を発揮できての結果となったように思える。

 ガイアフォースは、パドックから気配の良さが目立っていたが、レースへ行っても人気の2着馬を前に見ながら絶好の手応えで追走。直線を向いて並びかけてからは相手の抵抗にも遭ったが、最後は力で捻じ伏せての勝利だった。前走は高速馬場でのレコード勝ちだったが、今日のような馬場も全く苦にしない馬であり、春二冠の連対馬が不在となる菊本番でも有力の一頭となるだろう。

ガイアフォース

アスクビクターモアを捻じ伏せた3番人気ガイアフォースが菊へ勇躍

 2着アスクビクターモアは、目標にされることを厭わない正攻法の自分の競馬ができたものであり、今日のところは相手を褒めるべきだろう。相手関係を考えれば、菊花賞でも期待が持てるが、たとえ天皇賞を選択したとしても恥ずかしくない競馬ができそうだ。

 3着ローシャムパークは、春よりも折り合い面で進境を見せ、競馬が上手になった印象。上位2頭には3馬身離されてのゴールだったが、次への上積みという点では2頭よりも大きそうで、菊花賞でもチャンスはありそうだ。

 4着セイウンハーデスは、道中2番手から上位馬に早目に交わされてからも渋太く踏ん張っていた。もっと時計のかかる馬場になって欲しかったところだろう。

 5着ラーグルフは、勝負どころでの反応が一息で、直線でジワジワと差を詰めたが、上位とは力の差があったか。

 オニャンコポンは、いつもより前目で積極的な運びだったが、結果を見るとやはりジックリと脚を溜める方が良さそうだ。加えて最後に止まったあたり、距離にも壁があったかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル