【チャンピオンズC回顧】なぜ敗れたテーオーケインズ 避けられなかった“典型的なパターン”

佐藤直文 レース回顧
チャンピオンズカップ

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

その末脚は稲妻の如く ジュンライトボルトがダート4戦目で頂点へ

 過去3年連続で出走していたインティに代表される強力な先行馬が不在だった今年は、近年よりもペースが緩むことは予想されていたが、1000m通過62秒4はGIとしては明らかにスローだった。結果的に2~5着の馬は4コーナーを並びの4番手以内で回った馬であり、それらを4コーナー10番手の馬群からまとめて差し切った勝ち馬は、着差以上の強さを見せたと言っていい。

 そのジュンライトボルトは、そういった流れに惑わされることなく、内目の枠から中団でジックリと脚を溜める自分の競馬。直線を向いてからも、進路を探りながら追い出しを待たされるシーンもあったが、残り1ハロンで前が開くと抜群の瞬発力で昨年の王者を並ぶ間もなく交わして突き抜けた。これがGI初制覇となった石川騎手も、馬の能力を信じて持ち味を最大限に引き出した好騎乗。前述したように、着差以上の内容だったことを考えても、来年の中距離ダート路線はこの馬が核となるかもしれない。

ジュンライトボルト

道が開けて末脚炸裂! ジュンライトボルト、石川騎手ともにGI初制覇のゴール

 2着クラウンプライドは、道中2番手から自分の競馬に持ち込み、ペースも味方に付けての完全な勝ちパターン。最後も止まったわけではなく、勝ち馬にあの脚を使われては仕方なかった。

 3着ハピは、内枠から出して行って好位のインを確保。これまでとは違う形の競馬となったが、ペースを考えればこれが正解だったわけであり、さすがはベテランの好騎乗であった。

 4着テーオーケインズは、行くでもなし控えるでもなし、緩い流れの中で道中も外々を回ってなし崩しに脚を使う競馬。中京1800ダートでこうなった時は厳しくなる典型的なパターンだったように思う。ただ、そういった煮え切らない競馬になったのは、鞍上のミスではなく、デキ自体が本物ではなかったためかもしれない。いわゆる2番の利かないタイプで、好走後の反動があったと見るべきだろう。

 5着シャマルは、好位を上手に立ち回って自分の競馬はできていたが、最後は初の1800mが応えた印象。ただ、距離の経験を積んで行けば、こなせる馬だと思う。

 グロリアムンディは、最内枠で出負けしてその後の進みも一息。能力云々の問題ではなく、やはり久々でこの相手では厳しかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル