【ホープフルS回顧】完全に“行った行った” ミッキーカプチーノらは「来春への望み」つなぐ

佐藤直文 レース回顧
ホープフルS

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

大波乱 ドゥラエレーデがハナ差でタイトル奪取

 1000m通過が61秒5と、7レースに組まれていた古馬1勝クラスよりも2秒遅いスローペース。しかも中間点を過ぎてからも、そのまま12秒台半ばのラップが2ハロン続いたことで、絵に描いたような“行った行った”の決着となった。このペースで折り合いに苦労する馬も数多く見受けられ、けっして各馬が存分に力を出し切っての結果ではないことも明らかで、敗れた馬の今後の巻き返しにも期待したいところだ。

 ドゥラエレーデは、前走時と比べて馬がグンと良くなっていたのも確かだが、スムーズに折り合っての2番手追走はレースセンスの高さゆえだったろう。4コーナーで先頭に並びかけ、直線で一旦は1馬身ほど差を付けられながらもゴール前で盛り返してのハナ差勝ちは、鞍上ムルザバエフ騎手もまたお見事だった。

ドゥラエレーデ

14番人気のドゥラエレーデが最後の叩き合いを制して戴冠

 2着トップナイフは、控える競馬だった前走とは一転してハナを主張し、マイペースにに持ち込んだ形。惜しい一戦ではあったが、鞍上の思い通りの競馬ができた結果だろう。

 3着キングズレインは、追走各馬が動き出したところでの反応が遅く、4コーナーでも大外を回る形となったが、ラストは凄い脚を使った。もう少しペースが流れていれば、という印象を受けたが、距離はもっと延びてもいいはずで、来春に期待したい。

 4着ファントムシーフは、枠なりに絶好位とも言える好位のインで運べたが、これまた久々のせいか反応が一息。上がりの速い決着では厳しいハービンジャー産駒でもあり、ここまでであった。

 5着ミッキーカプチーノは、大外枠から出して行ったことで掛かってしまったのが全てだったろう。落ち着いて運ぶことができていれば、という感を受けたが、やはりフルゲート18頭の大外枠は若駒でなくとも厳しい条件。加えて前走の反動があったかもしれないが、それでも大きくは崩れなかったあたり、来春への望みは繋いだ一戦だ。

 ガストリックは、懸念された右回りやコーナー4回の競馬が全て悪い方に出てしまった形。まだこれからの馬かもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東海S 27万4900円的中。プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル