【根岸S回顧】フェブラリー直結「間違いなし」の一戦は、3着馬&6着馬にも“見所”アリ

佐藤直文 レース回顧
根岸S

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

初重賞を手土産に大舞台へ まだまだ強くなるレモンポップ

 決着時計の1分22秒5は、良馬場におけるレース史上最速タイムというハイレベル。本番のフェブラリーSよりも1ハロン短い距離とはいえ、上位2頭は武蔵野Sの2・1着馬でもあり、間違いなく本番でも期待できるはずだ。

 レモンポップは、スタートこそ一息だったが二の脚の速さで好位をキープ。直線を向いてからは持ったままの手応えで先頭に立ち、追い出しもギリギリまで遅らせて武蔵野Sの雪辱を果たした。1400mの方がより安心して見ていられることができるとはいえ、今日のように道中でもタメが利く馬でもあり、何よりまだまだ強くなりそうな馬。冒頭でも触れたようにフェブラリーSでも好勝負が期待できる。

レモンポップ

ハイレベルな一戦を断然人気に応えて優勝したレモンポップ(右)

 2着ギルデッドミラーは、これまでの芝スタートからダートスタートに替わったこともあってか、スタートで行き脚が付かず前走よりも位置取りが悪くなってしまったが、最後の伸び脚は際立っていた。芝スタートに戻る本番は、武蔵野Sの再現も期待できよう。

 3着バトルクライは、上位2頭が強かったとはいえ、例年のレベルなら勝っていたかと思えるパフォーマンス。ただ、3コーナーあたりで鞍上が押っつけるシーンもあり、距離が延びていいタイプかもしれない。

 4着タガノビューティーは、後方から自分の競馬に徹し、久々にこの馬らしい伸びを見せたが、初めて着けたブリンカーの効果もあったように思う。

 掲示板を外した組でオッと思わせたのは6着のケンシンコウ。初距離も応えたか道中は最後方で直線を向いたが、これまた直線での伸びが目立っていた。テイエムサウスダンは、逃げた馬がシンガリに沈んだ流れとはいえ、手応えを失くすのが早過ぎ。体調面が整っていなかったと見るべきだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • オッズ
  • 騎手
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。