【東京新聞杯回顧】なぜ後続の差し届かず? レース中盤が“絶妙”ウインカーネリアン

佐藤直文 レース回顧
東京新聞杯

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

自ら厳しいラップを刻んで ウインカーネリアン

 前半3ハロンが34秒4というのはそこまで速い流れではなかったが、そこから3ハロンが、11秒4-11秒3-11秒0という加速ラップ。ただでさえ早めに動きづらい東京コースでこの厳しいラップを刻まれたとあっては、後続の仕掛けも遅れて当然であり、まさに絶妙の逃げだったと言える。

 そのウインカーネリアン。前走のマイルCSではゲート再審査を課せられたほどの駐立不良で自分の競馬ができなかったが、スタートを決めた今回は自分の形に持ち込むことができた。走破タイムの1分31秒8もレース史上最速の優秀な数字であり、型にハマればGIの舞台でも通用する能力を示したと言えよう。

ウインカーネリアン

追撃をギリギリ押さえたウインカーネリアン(右奥)が重賞2勝目

 2着ナミュールは、外枠からスタートを決めて好位で流れに乗る形。結果的には勝ち馬を捕らえることができなかったが、こういう競馬ができたこと自体が成長を示したと言える。

 3着プレサージュリフトにも同じことが言えるが、前走と同じ着順でも内容的には今回の方が上であり、今後に期待できる走りだった。

 4着ジャスティンカフェは、最後にこの馬らしい伸びを見せて差を詰めたとはいえ、勝ち馬が絶妙の逃げを打った状況での末脚一辺倒では、ここまでが精一杯だったか。

 5着エアロロノアも、この馬なりに脚を使って差を詰めたが、メンバーを考えても上等の内容だった。

 ピンハイは、理想的なポジションで脚を溜めることができていたように感じられたが、追われていつもの反応がなかったあたり、状態面が整っていなかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービーまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのダービー予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。