「今週の重賞は豪華!」なかでも注目すべき3頭を現地記者が厳選【京都記念・共同通信杯・クイーンC】

調教班レポート
共同通信杯京都記念クイーンカップ

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 今週は東西で3重賞が行われる。なかでも注目は昨年のダービー馬ドウデュース(栗東:友道厩舎)が復帰戦に選んだ京都記念だろう。フランス遠征は残念な結果に終わったが、リフレッシュして帰厩。コース追いを中心に入念に乗り込んできた。先週は主戦である武豊騎手を背にしてさすがという動きを披露。目標は先ではあるが、休み明け・初の58キロでも格好が付けられる状態にまで仕上がったと見る。

ドウデュース

相変わらず帰厩後の追い切りでは抜群に動いたドウデュース

 東は共に3歳重賞。共同通信杯はタッチウッド(栗東:武幸厩舎)を買ってみたい。相手に恵まれたとはいえ、デビュー戦は逃げて最速の上がりでまとめる楽勝劇。大型馬でトビが大きく、阪神内回りよりも東京の方が合うタイプだろう。初戦は余裕残しの体つきだったので、一度実戦を使った上積みも十分ある。素質馬が揃ったここでもヒケは取らない。

タッチウッド

世界のR.ムーアも認めたポテンシャルの持ち主タッチウッド

 最後にクイーンC。2ヵ月半ぶりの実戦となるイングランドアイズ(栗東:安田翔厩舎)はソフトな調整だが、小柄で仕上げには手間取らないタイプ。馬込みを苦にせず、直線の叩き合いを制した初戦は文句なしの内容。母ヌーヴォレコルト譲りのレースセンスを武器に、ここでも面白い存在だ。(栗東調教取材班:須藤大和)

イングランドアイズ

良血馬イングランドアイズが一発へ虎視眈々(写真:左)

筆者:


1974年神奈川県生まれ 1997年入社。栗東坂路の時計班で、関西本紙予想を担当。予想スタイルはオーソドックスで、馬券は、ほぼ単勝・馬連・3連複のみ。オグリキャップ時代の競馬ブームの頃に、周囲につられてのめり込んだことで、この世界に。

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。