名牝「グランアレグリア」にも劣らぬ走りを魅せたボンドガールに★8つの高評価!【2歳馬チェック】

優馬2歳馬チェック

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ダノンベルーガの半妹が鮮烈デビュー ボンドガール

6/4 (日) 東京5R 2歳新馬牝 芝1600m
ボンドガール 牝 馬体重:446kg
★★★★★★★★ 8点
騎手:D.レーン  厩舎:(美浦)手塚貴久
生産:ノーザンファーム
馬主:藤田晋氏
父:ダイワメジャー
母:コーステッド(Tizway)

 スタートを決め3番手のインを確保すると、道中はチェルヴィニアの後ろで巧く流れに乗る。直線に向いてからは十分なスペースがあくまで追い出しを待たされたが、外に持ち出すと一気にトップギアへと加速。ラスト3F〔11.2-11.0-11.1〕のハイラップを刻む流れを鮮やかに差し切ってみせた。勝ち時計1.34.6は、6月東京開催の2歳新馬戦でみてもグランアレグリアの1.33.6に次ぐ好タイム。全体時計に大きな開きこそあるが、レースの上がり5F・4F・3Fは全て本馬の新馬戦の方が上回る数字をマーク。今年から1キロ負担重量が増えていることや稍重の馬場を考慮すれば、名牝の新馬戦の内容ともそこまで差はないといえよう。レース内容からも先々まで注目の良血馬だ。

ボンドガール

前評判に違わぬ素質の高さでボンドガールが快勝!

・馬体診断
 馬体重は446キロ。胴が多少詰まり気味でコンパクトにまとまった体つき。体型的にはマイラー気質が強いが、操縦性が高く多少の距離延長なら守備範囲だろう。まだ神経質な面もあるとのことで、競馬を使って行っての気性面のコントロールが鍵になりそう。直線で追い出してから左右に推進力が少しバラついていた点からも、トモに力強さが出て真直性が増してくれば更にフォームは良くなりそうだ。

・血統診断
 父はダイワメジャー。母コーステッドはBCジュヴェナイルFターフの2着馬。半兄に昨年の天皇賞(秋)3着、今年のドバイターフで2着に駆けたダノンベルーガがいる。本馬は父・性別も違うだけに距離適性は短めの印象も受けるが、兄譲りの優れた脚力を有しているのは間違いない。あとは母系から脚元に不安がある仔が多いだけに、このあとも順調に行ってくれることを願いたい。

【将来性まとめ】→ レースの上がり5F「57.5」は、東京芝1600mの2歳新馬・未勝利戦で歴代最速。後半長く速い脚を求められたレースで追い出しを待たされながら差し切った瞬発力・持続力は一級品。順調なら阪神JF~桜花賞を強く意識できる好素材だ。

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。