【今週のイチ推し馬】函館から「得ダネ情報GET」馬券になるとっておきの“厳選2頭”とは

想定班レポート

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 夏の北海道シリーズも早くも折り返しとなり、今週で函館競馬は最終週となる。土日で連続の重賞開催となるため、函館競馬の最後を締めくくるにはファンとしても非常に盛り上がる週末となるだろう。しかし、土曜日の函館は警報級の大雨の警戒が呼びかけられているため、非常に難解な週末となりそうだ。そんな中ではあるが、取材の感触の良かった馬を土曜日の中から2頭ピックアップしたい。

 まずは今週の口火を切る函館1Rの2歳未勝利戦に出走するサンディビーチ(美浦:伊藤大厩舎)を取り上げたい。デビュー戦ではゲートが遅く位置取りが後ろになったが、最後はじりじりと差を詰めての5着。前走後は間隔をあけて1800m戦を目標に調整。

 普段の調教で跨る平野助手は「デビュー戦当初はかなりうるさい面があり、気性面の幼さが目立っていたようですが、徐々に改善されてきましたね。調教の感触から距離は十分にこなせると思いますし、雨が降る中で追い切った今週の動きからも道悪は問題ないと思います。改めて期待ですね」と良い感触を掴んでいる。ゆったり運べる距離でスムーズに加速できれば、変わり身があっていい。


 もう1頭は函館9R湯浜特別のフクノブルジュ(美浦:竹内厩舎)。デビュー6戦目で初勝利を飾り、今回は昇級初戦。持ち時計での比較からはやや見劣る部分はあるが、担当の助名助手からは「前走を勝った後も順調だし上積みもある。状態はいいよ」と引き続き体調は良いとの評価。

 前回でブリンカーを着けたことで道中の行きっぷりが良化。滞在競馬の効果かパドックでの気配もこれまでと比べて、ずいぶん良くなった印象を受けた。最後の直線でもふわふわした走りで抜け出してからも気を抜く素振りも見せているため、僅差とはいえ着差以上に評価していい。ブリンカー2戦目や古馬との斤量差など、昇級初戦から狙う価値は十分にあると見ている。

筆者:


1982年栃木県生まれ 2005年入社。美浦の厩舎取材を担当。予想スタイルは、対戦比較やレース内容、舞台への適性などを重視。馬券は基本穴狙いで、レースごとに3連複や3連単などを買う。趣味は、スポーツ観戦、音楽、料理など。

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

皐月賞「22万9700円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。