【今週のイチ推し馬】ジャパンC前に買っておきたい「記者厳選レース」を一挙紹介!

想定班レポート
ジャパンカップ

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

 日本馬の表彰台独占が昨年で16年連続となり、国際競走としての影が薄れつつあるジャパンC。今年も世界ランク1位のイクイノックスを筆頭に日本勢はG1馬が7頭とタレント揃い。フランスのG1馬イレジンにも敬意は表するが、日本馬優勢は揺るぎない。その好メンバーが揃った中でもイクイノックスVSリバティアイランドの頂上決戦に注目が集まっている。末脚一閃、キレ味抜群のリバティアイランドが天皇賞(秋)を異次元の強さで制したスーパーホースにどう挑むのか…、そこに割って入るのは誰なのか…興味は尽きない。個人的にはイクイノックスを一頭軸にして3連系で楽しみたい。

 その楽しみな大一番を前に注目して欲しい馬を何頭かピックアップ。土曜からは東京3Rマッスルバック(美浦:鹿戸雄厩舎)。初戦は「まだ緩さがあって走りは頼りない」との評価だったが、好位追走から3着に好走とセンスの良さは見せた。2週続けて追い切りに跨った柴田善騎手に今回の評価を聞いてみると「叩いてガラッと変わってきている。何より精神的にどっしり構えるようになっているのは大きいね」と力強いコメント。人気割れが想定されるメンバー構成で配当的にも妙味はありそう。

 同じく柴田善騎手が騎乗する東京10Rイグザルト(美浦:田中剛厩舎)も調教に跨り、好感触を得ている様子。前走は内にモタれ気味の追走だったが、直線で上手く外目に出して2着確保。テン乗りながら上手にコントロールする辺りは流石。実力馬が復活なら軸に信頼できる。

イグザルト

ベテランの腕で素質馬イグザルトが待望のOP入りを決める!

 東京12Rキタノブライド(美浦:高橋裕厩舎)も狙い続けている一頭。ゲートが不安定で前走のように流れに乗れないところはあるが、終いはキッチリ脚を使える馬で2着馬とはクビ差。「馬体重が安定しているのは何より。互角にスタートを切れればチャンスはある」と陣営。得意の東京コースで決めたいところ。

 JC当日は朝イチの東京1Rクラウンシエンタ(美浦:水野厩舎)で運試し。前走は久々の影響かフワフワした感じはあったが、ダートスタートの分流れには乗れていたのは確か。「叩いた上積みが見込めるし、能力を出し切れば期待できる」と水野師。いい形でドリームレースのスタートを待ちたい。

筆者:


1954年福島市生まれ 1983年入社。美浦の厩舎取材を担当。若い頃はそうでもなかったが、歳を重ねるとともに手堅い予想に。この世界に入ったきっかけは、兄弟が騎手を目指していたため。(兄は哲・現調教師、弟は隆・元騎手)

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

東京新聞杯「70万円」阪急杯「11万円」的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。