【菊花賞】ワイド1点でOK!ソールオリエンスの相手に買える“複勝回収率「400%超え」の穴馬”

重賞データ攻略
菊花賞

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

~過去10年の菊花賞の傾向分析~

 直近2年連続で弥生賞ディープインパクト記念の勝ち馬が菊花賞馬に輝いているが、今年の該当馬タスティエーラ(美浦:堀厩舎)はダービー以来の出走。過去を振り返ってもダービーからの臨戦で馬券になった馬はいないが、ダービー馬が菊花賞へ直行するのは初めての試み。どんな結果が出るか楽しみではあるが、データ的には割り引きが必要だろう。

◇前走レース別成績
・神戸新聞杯 〔6.5.4.51〕
・セントライト〔3.3.1.43〕
・札幌記念  〔0.1.0.2〕
・3勝クラス 〔0.0.0.5〕
・2勝クラス 〔0.1.5.36〕
 やはり主要となるステップは神戸新聞杯・セントライト記念の前哨戦2つ。この2ステップから2頭以上馬券に絡まなかった年は過去10年で1回だけで、まず中心視が妥当。

◇神戸新聞杯・セントライト記念の人気別成績
・1番人気 〔5.1.1.6〕
・2番人気 〔1.1.2.10〕
・3番人気 〔1.1.1.12〕
・4~5人気〔0.3.1.20〕
・6~9人気〔2.2.0.30〕
・10人気以下〔0.0.0.16〕
 神戸新聞杯・セントライト記念で1番人気に推された馬は「キャリア6戦以下」であれば〔2.1.0.0〕と連対率100%を誇る。今年はソールオリエンス(美浦:手塚厩舎)が唯一該当する。直近2年連続でセントライト記念1番人気で敗れた関東馬が、本番を制している点も追い風となりそうだ。

ソールオリエンス

皐月賞馬ソールオリエンスが逆襲の二冠制覇へ!

 そしてグレード制導入後、ダービーで1~4着馬までが“タイム差なし”の大接戦だったことは今年が初めて。春GI組は実力伯仲とも捉えることができ、「夏の上がり馬」にも台頭の余地は大いにありそうだ。ここは菊花賞の穴パターンである芝2200~2600mの2勝クラスを勝って臨んでくる馬に注目したい。この組は【春に芝2200~2400mの重賞】に出走経験があれば〔0.0.4.2〕複勝回収率423%。このパターンに当てはまるリビアングラス(栗東:矢作厩舎)を今年の穴馬としてピックアップ。

リビアングラス

先行力+持久力を兼備した好素材リビアングラス

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。