高速決着はお手の物 グランデッツァが鮮やかに復活

佐藤直文 レース回顧
七夕賞プロキオンS

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

59キロでも力が違った ベストウォーリア 【プロキオンS】

 中京のプロキオンSは、乾いてパワーの要す馬場コンディション。より底力の問われる状況で、別定59キロでもベストウォーリアの地力が勝った形だ。枠なりに好位のインで運べたことも良かったが、4歳以降は1400ダートで3戦3勝と負け知らず。この距離に限れば、どんな舞台でも、どれだけメンバーが揃っても信頼していいだろう。

59キロも問題にしなかったベストウォーリア(撮影:日刊ゲンダイ)

59キロも問題にしなかったベストウォーリア(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着コーリンベリーも、いまだ連を外していないようにこの距離がベストであり、何より脂が乗っている。今日はスタートも良くハナへ行ったが、2走前のように控えて差す競馬もできる馬であり、まだまだ上を目指せそう。

 1番人気レッドアルヴィスも、この距離は2戦2勝だった馬だが、直線では何の不利もなかったにもかかわらず、伸びを欠いた。まだ、気性的にアテにできない面が残っているか。ワイドバッハは、自分の競馬に徹してそれなりの脚を見せたものの、まだ本調子に一息。エアハリファも、完調ならここまで大きく負ける馬ではなく、デキの問題と片付けていいだろう。

忘れずに買おう 次走の注目馬

 まず1頭目は、福島日曜3R、4着ニシノリコルディ。直線では進路を探しながらもなかなかの脚を使って、上がりは最速。スムーズだったらと思わせる競馬だったが、小回り向きでないことは確かで、次走、新潟2000mなら勝負になっていいはずだ。

 2頭目は、福島日曜8R、3着ポルスターシャイン。早目に動いた分、最後に脚が上がってしまったが、競馬っぷりは良かった。叩き2走目となる次は、注目したい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

新潟で11万8950円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル