今年のジャパンカップに狙える外国馬はいるか? 編集長が走破タイムから分析

【優馬編集長日誌】
ジャパンカップといえば外国馬。走ってみないとわからないのが外国馬ですが、私なりに分析をしてみました。さて、どうなりますやら

優馬編集長日誌
ジャパンカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロン平均12秒を目安にしています

 今週はジャパンカップ。月曜に新宿駅に行ったら京王線の改札出口でイベントが行われていた。駅構内には これでもかといわんばかりの広告が…。JRAの資金力に感心しつつも、その資金には私が提供した分もあるんだよなぁと思ったりもする。

 せっかくなので今週はジャパンカップを取り上げよう。ジャパンカップといえば外国馬。最近は馬券になることが少ない外国馬だが、だからといって100%来ない訳でもない。配当次第では狙っても…そんな馬が今年はいるのか?

 私の外国馬の評価は主に走破タイムだ。もちろん、日本の馬場に合いそうな血統の馬がいればプラスアルファも加えるが、重要視しているのは走破タイム。速い時計の出る日本の東京競馬場に合うか否かは、走破タイムの平均ラップが参考になると考えている。具体的にいうと基準は1ハロン12秒。これだと2000m=2分、ジャパンカップの2400mは2分24秒。これぐらいのハロン平均で走っている馬は、日本の基準馬場を経験しているようなものという理屈である。もう10年以上も前だが、これでおいしい思いをしたこともあるので(ただし、痛い思いをしたこともある)いまだに外国馬の検討においては目を光らせている次第。

今年は いません。それでも 気になるのは…

 今年の外国馬は どうだろう。残念ながらハロン平均12秒を切る走破タイムをもつ馬はいなかった。しかし、だから全部いらないとするのでは せっかくのジャパンカップなのに…だろう。もう少し、出走予定の外国馬4頭について考えてみることにする。

 五十音順に、まずはイトウ。この馬のレースにおけるハロン平均最速は12.33秒(小数点3位以下は四捨五入)。これ以外にハロン平均が12秒5を切っているレースが2回ある。その合計3レースの着順が1、1、2着。あくまで この馬が走った中においてであるが、そこそこハロン平均が速かったレースでの着順がいいということは日本の馬場がいいかもしれない。逆に勝ち馬から0.5秒以上の差をつけられて負けた時のハロン平均は、2走とも12秒5を上回っていた。ということは、時計が遅いより速いほうがいいのでは…と想像もするわけだ。もちろん、ハロン平均12秒を切る記録はないのだから、日本の高速馬場がいいともいい切れないのだが、可能性があるのでは…ということ。馬券の押えには買ってもいいか。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル