3強激突弥生賞! TM陣が「オレの本命馬」を熱弁

今週、日曜に組まれた重賞は、皐月賞トライアルの弥生賞。本番と同距離ということで、古くから有力馬が集結する傾向にあるが、最近10年で、ここと本番を連勝した馬は、2010年のヴィクトワールピサのみ。3強ムードの一戦に優馬TM陣はいかなるジャッジを下すのか。

優馬TM座談会
弥生賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3強?2強? 2歳王者リオンディーズに無傷マカヒキが挑む

デスク「2歳王者のリオンディーズに、これまた無傷のマカヒキ。そして朝日杯で初黒星とはいえ、巻き返しを期すエアスピネル。3強、というか、ほとんど“3頭立て”と言っていいレースなんじゃないの?」

武井「それ以外はノーチャンス、とまでは言えませんが、普通に考えればこの3頭。ただ、僕は中でもリオンディーズが一枚上だと思います。何しろGIを僅か1戦のキャリアで制したワンダーホースですし、先を見据えたような競馬で勝ったという点でも価値があります。パートナーも、今最も頼りになる男ですからね」

坂倉「そもそも2000mの新馬でおろしたように、大きなフォームの馬ですし、明らかにマイルの朝日杯は距離不足。それでいて、抜け出した大本命馬(エアスピネル)を一気に差し切った能力は相当なものです。今回は2000mという自分の土俵ですから、もっと差が開くと思いますね」

大江原「あまり難しく考える必要はないだろ。超A級の血筋で前走が圧巻の内容。誰もが素直に“強い”と感じたはずだよな」

小野智「前走は直線に坂のある阪神でしたから、初の中山コースも全く問題はないと思いますし、たとえ何かに負けたとしても2着より下に落ちるシーンが浮かびませんよね」

清野「今が3歳馬にとっての成長期とはいえ、鮮烈な勝ち方をした前走から僅か2ヶ月半で、力の差が劇的に縮むということも考えにくいですし、坂倉君も言うようにマイルよりもこの距離でこそのタイプですからね。今回は新たなライバルとなるマカヒキの存在もありますが、同じ2戦2勝でも、リオンディーズは違う舞台、違うレースぶりで勝っている点が有利な材料。それにデムーロ騎手がマカヒキの背も知っているという点でも、まず負けないと見ていいんじゃないでしょうか」

久光「ただ、能力比較の話ではなく、3強のうちで最も不安を抱えるのがリオンディーズかもしれませんよ。輸送、折り合い、距離延長と、克服すべき課題が多いと思いますし、2連勝が素質だけで勝っている点は強味にも弱味にも成り得るはずです」

守屋「確かにデビュー戦では、序盤に鞍上がかなり手綱を引っ張って“カラ吹かし”していましたが、兄のエピファネイアも折り合いが相当難しい馬でしたからね。初の長距離輸送でイレ込む可能性もなくはないでしょう。仮に掛かってしまっても勝てるほどヤワな相手ではないですよね。気性面で似たところがあるドゥラメンテを簡単そうに操るデムーロ騎手なら、それも杞憂かもしれませんが…」

目黒「この中間の放牧で、馬体がひと回り成長していますが、精神的にも大人になっているようです。前走にしても、折り合い重視で直線だけしか競馬していないのに、あの強さですからね。クラシック本番へ、無傷で臨めるはずですよ」

リオンディーズ

昨年の2歳チャンピオン・リオンディーズが満を持して登場(撮影:日刊ゲンダイ)

佐藤直「ただ、京都コースとはいえ、マカヒキの前走で計時された上がり3ハロン32秒6の数字は、それだけでGI級と言えるものじゃないか。過去2走時と比べて、調教の中身もグンとレベルアップしていると思えるし、走ってみたらこっちの方が強かった、という結果になっても全然不思議じゃないぞ」

久光「外回り1800m→内回り2000mというここへ向けての臨戦過程も、3強の中では一番ですよね。直さんも指摘された瞬発力は、同じ位置からの追い出しならリオンディーズをも上回る可能性は十分あると思います。同じ勝負服の父が歩んだ道をなぞって欲しいですね」

伊利「若駒Sの上がり32秒6は直線の短い内回りでのものですから、本当に驚異的な数字なんです。昨年の紫菊賞でシルバーステートが32秒7という、2・3歳戦の京都内回りでは史上最速の上がりをマークしたんですが、それをアッサリと更新したもの。マカヒキは、若駒Sを走る前のTMアンケートでダービー馬に指名したんですが、何なら皐月賞も勝って無敗で向かって貰いたいですね」

守屋「まぁ、これまた重箱の隅をつつくようですが、マカヒキは初戦よりも2戦目の方が反応が良くなっていたとはいえ、それでもエンジンのかかりが遅めなんですよね。スローペース必至の組み合わせで、短い中山の直線でエンジンを全開できるのかどうか…」

デスク「中山が初めてとなるのはリオンディーズも一緒だが、マカヒキにとっては、直線の坂、というのも確かに未知の部分だよな」

広田マカヒキ陣営によると“環境の変化に動じるタイプではない”とのことです。本番の皐月賞と同距離同コース、さらには長距離輸送を経験させる意味合いもある一戦ですし“正直リオンディーズ相手にどれだけやれるかわからない”といったところが本音でしょうが、それでも全く底を見せていないという点で、陣営の期待も大きいですよ」

マカヒキ

こちらも無傷の3連勝を狙うマカヒキは調教の中身がさらにレベルアップ(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

凱旋門賞特設サイト

凱旋門賞2017特設サイト

日本からはサトノダイヤモンドとサトノノブレスが参戦予定! 2017年10月1日(日)にフランスで開催される凱旋門賞の出走予定馬、歴代優勝馬や日本馬成績、テレビ中継予定、前哨戦フォワ賞などの情報をお届けします。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル