ゴールドシップは楽観ムード、キズナは復調手前? 春天直前TM座談会

【激論!優馬TM座談会】
これまで数々のドラマを生んできた“淀の2マイル”天皇賞(春)。3連覇を狙っていたフェノーメノの直前回避があったものの、復権をかけるキズナ、3度目の挑戦となるゴールドシップ、そして初GI制覇を狙う馬たち。果たして何を買えばいいのか、優馬TM陣が徹底討論。

優馬TM座談会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それぞれに不安も タイトルホース2騎

デスク「GI馬がキズナゴールドシップの2頭しかいないのはちょっと淋しいが、まずはこの2頭の検討から入ろうか」

坂倉キズナの2走前は前が残る展開で、長期休養明けを考えれば内容は悪くなかったし、前走もタフな不良馬場で仕方のない結果だったと思うんだ」

桜井「フランス遠征で結果を出しているから馬場は問わないと思っていたんだけど、やっぱりパンパンの良馬場でこそ持ち味が生きる馬だろうね」

目黒「ただ、前走の敗戦は、差し返されたという点で陣営もショックを受けた様子で、距離への不安もあって、佐々木晶師の口からも思ったほど強気なコメントは出なかったんですよ」

田崎「影響がどれだけあったかはともかくとして、レース後に骨折が判明した昨年がコンマ1秒差なんだから、僕は距離に全く不安はないと見て◎を打ちましたけど」

那谷「予想や馬券で消すことはできないけど、キズナは復調に手間取っているような気もするんだよな」

デスク「その那谷の◎はゴールドシップだけど、他に誰もいないとはな。回避をするという話もあったけど、その影響はあるのかな」

那谷「前走後に右前蹄球の内出血が判明して、一旦は回避の予定も、軽症で早めに帰厩することができたんだ。過去2年で結果が出ていないので陣営にも天皇賞は鬼門のイメージがあったと思うけど、動きや状態はいいし、陣営には悲観ではなく楽観ムードさえ漂っているよ」

須藤「でも、逃げるか向正面でマクるぐらいしか来るイメージも沸かない馬だよね」

田崎「テンに行ける馬ではないので、この枠なら一旦は最後方まで下げないといけないかも…」

那谷「作戦に関しては陣営も明言していないけど、逃げるか、それが無理なら途中からでもハナに立って消耗戦に持ち込むんじゃないか。大舞台での横山典騎手の一発に賭ける騎乗は、何度も見させられてきているし、何かやってくれると思うぞ」

デスク「なんか、ノリ自作の唄を歌いながら一人旅、という年もあったな」

佐藤直「ただ、ゴールドシップは京都では走りが全くの別馬になってしまうからね」

吉田「唯一京都で勝った菊花賞は、ダービーの1~4着馬が出てへんかったし、その菊花賞で2着以下やった馬のその後を見ても、明らかに低レベルと言うてええんとちゃいます?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル