優馬編集長日誌 5月5日号「◎の行方」

優馬編集長日誌
NHKマイルカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

打ちたいが 打ちにくくもある◎

 8日のNHKマイルC(東京)には、ロードクエストメジャーエンブレムが出走予定。ロードクエストは皐月賞トライアルから皐月賞を経ての参戦。一方、メジャーエンブレムは桜花賞トライアルから桜花賞を経ての参戦。3歳クラシック路線の王道を歩んできた牡馬と牝馬が出走することになる。それからの王道ともいうべき道は牡馬なら皐月賞→ダービー、牝馬なら桜花賞→オークス。その道を選ばずにNHKマイルCに出てくる理由はGI獲りが大きな理由になっていると考えられる。皐月賞や桜花賞ほどの歴史はないが、NHKマイルCとてGIはGI。ましてや2頭ともマイル(1600m)は適距離。ここでGIを獲りにくるのは自然なことである。ロードクエストはマイルの2戦が高UK値。しかも2戦とも今回と同じ左回りで、うち1回は東京。メジャーエンブレムは東京マイルで1、2、1着。勝った2戦は、ともに高UK値だった。両馬ともに今回と同じ左回りのマイル戦で高いパフォーマンスを演じているのだから、有力候補に違いない。

ロードクエスト

新馬戦と新潟2歳Sで高UK値を出しているロードクエスト(撮影:日刊ゲンダイ)

 だが、基本的に勝つのは1頭。どちらもニッコリとはいかない。実をいうとロードクエストは皐月賞で◎、メジャーエンブレムは桜花賞で◎を打った馬。またもや◎を打つにしても両方に打つわけにはいかない。しかも、馬券に絡んでくれなかった馬に再び◎を打つというのは、打つ側としては気分良く打てるものではない。自分が勝つことを阻んでしまったのではないか、と考えたりもするからだ。自分の◎が競馬の歴史を左右するほどのものではないと分かっていてもである。同じGIでもレベルが皐月賞や桜花賞ほど高くないであろうNHKマイルC。どちらかに◎を打ちたい気持ちはあるが、さて どうしたものか。

上田一幸

筆者:


1967年、滋賀県生まれ。大学卒業と同時に入社し、一貫して編集畑を歩む。予想も馬券も徹底した穴狙い。この仕事に携わる以上、馬券購入は義務であると考え、入社以来、馬券を休んだ日はない。現『優馬』編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル