混戦函館スプリントS 久々登場ローカル班が穴馬をピックアップ

優馬TM座談会
函館スプリントS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連覇を賭けるティーハーフのライバルは? 函館スプリントS

デスク「今週は、高松宮記念以来となるローカル班の出番だが、まずは本紙中田に、サラりと◎の根拠を述べてもらおうか」

中田「昨年の勝ち馬ティーハーフは、秋以降が不振続きでしたが、2走前の高松宮記念では内をついて上がり33秒3をマークしました。これはウキヨノカゼに次ぐメンバー2位タイの数字でしたし、復調の兆しは見えたと判断したいですね」

木谷「僕も今回はローカル班として登場させていただきますが、現役スプリント界最速のローレルベローチェに、最終追いでかっ飛ばしていたシュウジが競りかけてハイペースに…。となれば、昨年の勝ち馬ティーハーフが有利だと思いますよ」

目黒「前走ももうちょっと走って良かったんですが、放牧を挟んで一発目はあまり動けないタイプなので、ここへの一叩きという意味合いが強かったと思いますね。追い切りは木曜になりましたが、池添騎手は“バッチリだね”と好感触。担当の深川助手も“昨年より心身ともにパワーアップしているし、状態もいい”とのことなら、連覇濃厚と見ていいでしょう」

板子「ただ、今年は昨年よりもメンバーのレベルが高いことも確かですね。中でもアクティブミノルは、3歳時に初の古馬相手ながらセントウルSを勝利。楽に運ばせてもらえたことは確かですが、スピード能力の高さを示した一戦といえます。この馬もその後は成績が冴えませんでしたが、前走の高松宮記念では他馬を行かせて控える形ながら、最後まで末脚を伸ばしていた点に成長を感じました。もちろん、理想はハナですが、ローレルベローチェと無理に併せて行かなくてもいいという選択肢がある分だけ、鞍上の選択肢も広がっているはず。2歳時には新馬→函館2歳Sを連勝とコース適性も十分で、多少は雨が残っても心配がない点も魅力です」

落合「3勝全てが逃げ切りの馬だけど、高松宮記念はゴール前で3着のアルビアーノを交わす勢いだったし、あの競馬ができるのなら、ローレルベローチェの存在も厄介なものではないよな。舞台相性のいいここを目標に、仕上がりも万全と思えるぞ」

目黒「GIの高速決着を考えれば、アクティブミノルの前走にはかなりの評価を与えていいですね。2歳時の函館での2勝は、新馬勝ちから連闘で函館2歳Sを勝ったものでしたが“あの頃は馬がボーっとしていて、何が何だかわからないうちに勝ってしまったんですよ。最近ではトレセンでもピリピリしてテンションが上がるようになり、久々の函館でどうかなって思ってたんですが、トレセンに居る時よりは落ち着きがありますね”と、担当の中村助手は言ってました。いわゆる“水が合う”ってことなんでしょうかね」

アクティブミノル

GIでも好走したアクティブミノル、函館はデビュー2連勝を飾った舞台だ(撮影:日刊ゲンダイ)

山崎「ある程度、評価は固まったように思えますが、シュウジは2走前の1400mでも抑えるのに苦労したほどですし、小脚を使うピッチ走法からも小回り1200mがベストの条件ですね。速い流れになりそうなメンバーも、競馬がしやすくなると思いますし、スプリント路線の新星となる可能性は十分ありますよ」

打越「初体験となる北海道の洋芝も合いそうだし、1200mで52キロの斤量なら、一変しても驚けないよな」

小桧山「とにかく散々折り合いに苦労してきた馬だから、この距離がいいのは間違いないよ。デキはいいし、あとは古馬との力関係、そして馬場適性だけだろうな」

目黒「来る来ないは別として、岩田康騎手もすんごい強気でしたよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル