タフなノボバカラ 鞍上M.デムーロは「○□×▲◎はイイヨ」と復調宣言

優馬TM座談会
プロキオンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連勝止まるも勢い止まらぬノボバカラ

デスク「このレースでは過去の好走馬が再び好走するという、いわゆるリピーターの活躍が近年目立っているんだが、今年は有力どころが“新顔”ばかりで、何を信じていいのか…」

田崎「前走の交流重賞で連勝がストップしたノボバカラですが、負けたとはいえ目下の充実ぶりを示す走りだったと思います。この中京1400ダートも、快進撃の出発点となった4走前に経験しているので、何ら不安もないでしょう」

大江原「年明けから6戦、しかもこのところは遠征続きだけど、タフな馬で体調は安定しているぞ。いつも通りの坂路での追い切りも、前走の疲れや反動など全く見られないイイ雰囲気。ハナにこだわらずその時々の状況で競馬を組み立てることができる馬だから、常に能力を全開できるタイプだよ。“先々を考えて、キッチリと賞金加算を”という陣営の思惑通りに事も運びそうだな」

「先週の重賞もそうでしたが、今週も間近で見ている関西馬に納得できる気配の馬がいないので、素直に実績上位の関東馬を。ちょっと諦めの入った◎ですね」

那谷「先週はCBC賞を含めて5勝の固め打ちをしたミルコだけど“バイオリズムがいいの?”と話を向けると“うん、○□×▲◎(どうやら、イタリア語でバイオリズムの意味らしい)はイイヨ”と。ルメール騎手のように安定して成績を出すジョッキーではないけど、やっぱり重賞など大きなレースでの勝負強さはズバ抜けてるよな。前走の北海道スプリントCでは大本命の勝ち馬の方に乗っていたんだけど“ノボバカラは2回乗っているので力があるのはわかっていたけど、危なかった。凄く力を付けているし、今なら中央の重賞でも楽しみ”と。人気でも逆らえないよな」

ノボバカラ

4戦3勝の1400m戦で重賞2勝目を狙うノボバカラ(撮影:日刊ゲンダイ)

中邑「僕は“連勝が止まった馬”よりも連勝中の馬を、キングズガードで勝負になると思います。休み明けだった3走前が10キロの馬体増でしたが、前走ではさらに6キロ増えていたのは充実の証です。クラスが上がるごとに、上がり3ハロンの時計を短縮していることからも、着実に力を付けていると言えるでしょう」

加茂「出世に手間取ったのは脚元の関係。本来はもっと早くにオープンで活躍できた馬や。出たなりの競馬やった前走にしても、陣営が“直線で外へ持ち出したときに勝てると確信した”くらいの余力十分の勝ちっぷりやったし、重賞でも足りるやろな」

桜井「さっき、デスクから“リピーターがいない”という発言がありましたが、タガノトネールは、昨年のこのレースで重賞初挑戦にもかかわらず、コンマ4秒差4着と好走しているんです。直後に交流重賞を勝った以降、勝ち鞍こそありませんが、強敵相手に好走を続けた実績は、ここでは一枚上のはずですよ」

加茂「1番人気を裏切る形となった前走は、“道中2番手の馬にプレッシャーをかけられて自分のペースで走ることができなかった”とのことやから、評価は下げられませんわ。もともとハナにこだわるタイプではないし、実績のある左回りでスムーズな競馬ができれば巻き返し必至かと思います」

須藤「重賞勝ちこそ2歳時の交流戦から遠ざかっている二シケンモノノフですが、得意の1400mではどんな形の競馬にも対応できますし、今回くらいのメンバーならやれていいと思います。放牧から戻ってきても、相変わらず惚れ惚れする動きで、仕上りも万全と言えますよ」

那谷「その2歳時の重賞、兵庫ジュニアグランプリも1400ダートだし、数少ないこの距離の重賞にピンポイントで照準を合わせてきた感を受けるよ。“追い切りでは最後まで集中して走れていたし、いい状態で送り出せる。中京コースは初めてだが、東京で走っているので左回りも問題ない”と、庄野師。流れに左右されない強味も大きいよな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • 単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 優馬本紙の馬柱
  • 動画・写真
  • 短評

優馬@ソーシャル