セントウルS、注目ビッグアーサーは「ある程度の力は出せる態勢」

優馬TM座談会
セントウルS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目標は次でも ビッグアーサーは負けられない?

デスク「すでに王者が決まってしまったサマースプリントシリーズの最終戦とは名ばかりの一戦になってしまったわけだが、ここは普通にスプリンターズSの前哨戦として注目できるな」

田崎「春の高松宮記念を勝って現役最強スプリンターの座に就いたビッグアーサーですが、一週前の坂路で49秒台、今週もラスト2ハロンは23秒台と、さすがの動きを見せています。目標はあくまでも次のスプリンターズSに違いありませんが、捌きやすい頭数と、その本番よりも少し軽いメンバー構成なら、最低でも2着は確保できると思います」

桜井「サマーシリーズを戦ってきた馬にとっては、ここを使ってスプリンターズSというのは少し辛いローテーションになりますし、意外と頭数もメンバーも揃わなかったのはそのあたりの理由でしょう。そんな中で、実績が一枚も二枚も抜けているビッグアーサーを、久々だからという理由で嫌うことはできませんね」

広田「陣営も“順調に夏場を過ごせたことで体に柔らか味が出てきた”と、いいリフレッシュになったことを強調していましたが、一週前の坂路でビシっと追えたことで“ある程度の力は出せる態勢”のようです。加えて“以前より落ち着きが出てコントロールしやすくなった”とのことで、58キロを背負っても無様な競馬にはならないでしょうね」

ビッグアーサー

夏場を順調に過ごしたビッグアーサーが始動(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「ただ、対戦比較という点で、ビッグアーサーにとって目の上のタンコブとなるのが、2戦2敗のダンスディレクターだよな」

中邑「前走のシルクロードSは、道中で内を巧く立ち回れたとはいえ、ゴール前は流す余裕を見せての完勝でしたからね。1200mでは5戦オール連対の安定ぶりも魅力ですし、こちらも7ヶ月ぶりとはなりますが、高松宮記念を自重して無理をしなかったことで、いい感じに仕上っていると思いますよ」

「脚元と相談しながらの仕上げではありますが“一週前の追い切りが少し重く感じたので日曜にしっかりやった。これが良かったのか、最終追いは素晴らしかった”と、陣営にある程度の手応えはあるようです。“課題のスタートが決まれば、前走のようなレースができるのでは”とも。これまた目標は次であっても、勝負になっていいでしょうね」

瀬古「僕は敢えてサマーシリーズ組のネロを狙います。ビッグアーサーダンスディレクターとは、過去に対戦した内容を見直すと、まともでは逆転は難しいと判断せざるを得ませんが、ビッグは58キロに加え、調教で速い時計は出ているとはいえ中2週での本番を見据えた仕上げですし、ダンスも悪いところがあっての復帰戦なら、付け入る隙はあるはずです。過去にもロードカナロアが2年連続で2着に敗れたり、他にも使い出しのGI馬が敗れたケースが多数ありますが、勝つのは夏に使われていた馬でしたよね」

吉田「いやいや真っ向勝負になっても僕はネロや思いますわ。直線1000mキラーの印象も強いですけど、昨年暮れには1200mでオープン連勝もある馬。4着に敗れたオーシャンSは、テンの3ハロンが33秒を切る流れでは仕方ないと思いますし、そこまで極端に速くならないと思える今回は、ビッグアーサー以下の末脚を凌いでもええんやないかと」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル