怪物娘ミスエルテの本質はスプリンター? 本紙田崎は牡馬に◎

阪神へ舞台を移して3年目を迎えた朝日杯フューチュリティステークス。次週のホープフルSへ回る馬もいるだけに、必ずしも“最強2歳牡馬決定戦”とは言えない中で、今年は牝馬ミスエルテの出走に注目が集まる。先週の阪神ジュべナイルフィリーズを制したソウルスターリングに続き、父フランケルのファーストクロップが2週連続でGI制覇となるのか。優馬TM陣の最終決断は如何に。

優馬TM座談会
朝日杯フューチュリティS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週もまた主役は怪物フランケル産駒? 牝馬ミスエルテに賛否両論

デスク「今年の2歳はとにかく牝馬が強いよな。水曜の川崎で行われた全日本2歳優駿を勝ったのも牝馬だろ。そういう流れでいけば、先週のソウルスターリングに続いて、同じフランケル産駒のミスエルテが牡馬を一蹴する可能性も高い気がするが」

桜井「ソウルスターリングとは少しタイプが違うと思いますが、ミスエルテの決め手は世代屈指です。牡馬とは初めての手合わせになりますが、モノの違いを見せてくれるはずですよ」

西田「過去2戦とも余力を残しての楽勝ですから、相当な器と見ていいですし、初戦でコースも経験済みなら、不安点もないですね」

小桧山「前走のレースぶりからは、教えたことを身に付ける学習能力も高いと言えるよな。来週のホープフルSに回る馬もいて必ずしも最強牡馬が勢揃いしたわけでもないし、軸、というより頭は堅いと見ていいんじゃないの」

デスク「ただ、牝馬の参戦例が少ないとはいえ、GIで牝馬が出走できるようになってから勝っていないレースでもあるんだよな」

佐藤直「今年の2歳は牡馬との混合重賞やオープン特別でも牝馬が勝ちまくっているように、歴史的な牝馬優勢の世代だと思うぞ。加えて言うなら“フランケルの年”。俺も負けないと見るよ」

「僕は、日曜の栗東でじっくり観察してますが、4日の時点ではどうかと思っていた気配が、11日の段階ではしょうがないんじゃないかと。普段、混合GIで牝馬に◎を打つことはほとんどないですけど、ミスエルテには◎を打たないと失礼のような気がしました」

デスク「ただ、“そうではない派”も結構多いんだよな。本紙田崎なんかも4番手評価の“注”印だしな」

田崎ミスエルテの前走は、イレ込んで馬体が減ってましたけど、牡馬相手云々よりも、自分との戦いがテーマとなる気がします。それで人気になるのなら、と言ったところですね」

久光「僕もミスエルテの能力は認めるものの、レースぶりが派手な分、取りこぼしの危険が常に付きまとうタイプだと思います。前走で馬体が減った上に、追い切り後の馬体重でさらに減っている点も気懸かりですね」

デスク「そしてまた、ちょっと意外だったんだが、厩舎担当の那谷も“注”に落としているんだよな。なんか紙面に書けないイヤな話でもあるのか?」

那谷「いやいやそういうことではなくて、陣営の普段は携わっていない人からも“モノが違う。凄いスピードと瞬発力”という声を聞くほど、評価は高い馬だよ。ただ、池江寿師をはじめ関係者が揃って口にするのが“前向き過ぎる気性と折り合いの難しさ”なんだ。調教で対策を施しているとはいえ、レースに行ってどうかはわからないよな。あと、個人的な印象だけど、同じフランケル産駒として比較されるソウルスターリングとは違い、母系の血統や体型からも、ミスエルテの方は距離に限界があると思うんだ。おそらく本質はスプリンターに近く、能力の高さでマイルまでこなすタイプなんじゃないかな。牡馬だって言われるほど弱くはないと思うし、過剰な人気を背負うほど信頼はできないよ」

ミスエルテ

最終追いでもスピード能力の高さを見せていたミスエルテ(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル