ドバイ帰りのゴールデンバローズ 戸崎「俺がちゃんと乗れるかどうか、だけ」

【激論!優馬TM座談会】
東京のメインは、ダート戦線における次代のエース候補が勢揃いしたユニコーンステークス。ドバイ遠征帰りのゴールデンバローズが断然人気の様相だ。一方、今週から開幕した函館では、サマースプリントシリーズの第一戦となる函館スプリントステークスが行われる。今回もまた優馬TM陣のバトルが熱い!

優馬TM座談会
函館スプリントSユニコーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ムードは1強? ユニコーンステークス

デスク「まずは東京のユニコーンステークスだが、ゴールデンバローズに本命と対抗がズラーッと並んでいるように、抜けた存在と見ていいのかな」

守屋「UAEダービーは、スタートしてからガッチリとハミを噛んで行きたがってましたからね。アウェーでの戦いで3着に粘り込めるのは、能力の高さ以外にないでしょう」

武井「3戦3勝、圧勝続きの東京マイルダートなら、素直に信頼していいと思います」

坂倉「頭一つどころか、二つも三つも抜けている印象ですよね。重箱の隅をつつけば、海外遠征以来、ということになりますが、堀厩舎ならその心配もなさそうですし」

庄司「最終追いでは本来のストライドの大きな走りが戻っているし、気合い乗りも抜群でしたよ。これなら十分に態勢は整っていると判断できますね」

デスク「なのに、担当のコジは○なんだよな。なんか不安な話でもあるのか?」

小島「いいえ、全くないですよ。前走でテンションが上がってしまったのは、ゲート練習中心の調整だったことにより、馬にストレスが溜まったためだそうです。この中間は、本来の調教スタイルに戻していますし、遠征の疲れも見られませんしね。陣営も“勝てるでしょう”と余裕の雰囲気でしたよ。しかも、僕の○ですから信頼していいんじゃないですか」

小野智「戸崎騎手は『中間は跨いでませんが仕上げは全く心配してません。ここなら力が違うはずですし、俺がちゃんと乗れるかどうか。それだけです(汗)』って言ってました。『欲を言えば外目の偶数枠がいい』とも言ってたんですけど、希望通りの6枠12番なら、負けるわけにはいかないですよね」

佐藤直「ただ、100パーの状態ではないことは確かだよな。課題のゲートで後手を踏むようなら、苦戦の可能性も捨て切れんぞ」

ゴールデンバローズは、陣営も“勝てるでしょう”と余裕の雰囲気(撮影:日刊ゲンダイ)

ゴールデンバローズは、陣営も“勝てるでしょう”と余裕の雰囲気(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル