横山典騎手も“ウッキウキ” 完璧な状態のゴールドシップに死角は?

【激論!優馬TM座談会】
上半期の総決算となる“サマーグランプリ”宝塚記念。ライバルの相次ぐ回避により、主役の座も揺ぎないものとなったゴールドシップだが、果たして死角はあるのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

優馬TM座談会
宝塚記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭は不動? ゴールドシップ

デスク「まずはゴールドシップをどう見るかだな。鬼門の天皇賞(春)を制して臨む今年は、連覇のここ2年以上に信頼していいとも言えそうだが」

武井「その天皇賞は、他の何人かの騎手が敗因として挙げていた散水による緩い馬場に助けられたことも確かですね。思えば、このレースの2連覇にしても、ともに良発表ながら雨の影響が残る馬場でしたし、今年も同じような馬場なら“強いゴールドシップ”が見られるのではないでしょうか」

那谷「ゲート試験もメンコを着用して一発合格しているし、何と言っても今回はベストの舞台。須貝師も3週連続で追い切りに騎乗した横山典騎手も、ともに『何も言うことはない』という完璧な状態だね」

小野智「追い切りから帰ってきての横山典騎手の“ウッキウキ”ぶりは、半端じゃなかったですね。相当、手応えが良かったんだと思いますよ」

横山典騎手が跨って追い切りを行ったゴールドシップ(撮影:日刊ゲンダイ)

横山典騎手が跨って追い切りを行ったゴールドシップ(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「本紙田崎も“軸不動”の評価で堅いと見ているわけだな」

田崎「まあ、阪神ではパーフェクトな実績を残してますし、前2年と同じ8枠を引けたのも心強いですね。“軸不動”というより“頭不動”と言っていいかもしれません」

上田「ただ、気分屋でポカがある、という評価に変わりはないよね。3走前には、それまでポカらしいポカのなかった中山コースで凡走しているわけだし、阪神だから大丈夫なんて言い切れるのかな」

佐藤直「3走前のアメリカJCCは外回りコースだったからな。阪神&中山の内回りコースに限定すれば〔8・1・2・0〕で、3着2回は有馬記念だから、ほぼ完璧。俺は“大丈夫”だと見ているぞ」

デスク「東西の本紙担当のみならず、オークス以降5週連続で日曜メインを的中している直ちゃんが太鼓判を捺すのなら、しょうがないのかな?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル