横山典騎手も“ウッキウキ” 完璧な状態のゴールドシップに死角は?

優馬TM座談会
宝塚記念

オークスまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのオークス予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ここで初タイトルを狙う馬も

那谷ゴールドシップが強いのは誰の目にも明らかなんだが、予想をする上で人気馬は重箱の隅をつつかなければならないと思うし、気性難自体は改善されていないという点が引っ掛るんだよな。だったら、今年に入って重賞3勝と本格化しているラブリーデイだよ。『一瞬の脚が使えるし、スピードの持続力もある。良馬場なら期待十分』と、池江師も言っていたけど、俺はみんなが言うほど悪い馬場にはならないと思うぞ」

佐藤直「確かに時計勝負になれば一番怖い馬だろうな」

久光「僕は、不利のあった阪神大賞典や、押し出されて明らかに早い抜け出しになってしまった天皇賞でもゴールドシップと少差だったカレンミロティックに逆転の目があると見ています。3000m級の距離適性ではゴールドシップが優っているということを考えても評価できますよね。2着だった昨年以上に器用さが生かせる流れになると思いますし」

瀬古「天皇賞のレース後に熱中症になったんですけど、追い切りの動きからは力が出せる状態に戻っていると判断できますね。渋った馬場はダメだったはずなのに昨年は2着。今年に入っても距離の幅を広げているように、7歳を迎えてもレベルアップしていますよ」

小野智「蛯名騎手は『天皇賞の時も人気ほどの差はないと思っていたんだ』と言ってましたし、これまた追い切りの感触が良かった様子で、横山典騎手ほどじゃないにしても“ウキ”くらいはありましたね」

持木「みんなGI牝馬に目を奪われがちですが、ジャパンカップでもハナ差2着のあるデニムアンドルビーも底力は互角以上ですよ。コース形態が合わない中山の有馬記念でも、9着とはいえコンマ4秒差。ドシャ降りだったローズステークス勝ちがあるように、馬場も問わないですからね」

桜井「2走前の阪神大賞典2着にしても“復活”というより、GIIならあれ位走れて当然と言えるものでしたし、苦手の京都コースだった前走には目をつぶっていいかもしれませんね」

田崎「僕は印でも○を打ったトーセンスターダムが、ゴールドシップの最大の敵と見ています。一週前の動きは抜群でしたし、内枠を利しての一発が狙える武豊騎手の手腕にも期待したいところですね」

那谷「当初は札幌記念を使うつもりだったんだけど、帰国後の回復が思ったほど早くて、トモにも力強さが出てきたから出走に踏み切ったんだよ。『ポテンシャルだけなら、このメンバーでも一番』と、池江師の評価も相当高い馬だからな」

デスク「俺は、ディアデラマドレの名前がなかなか挙がらなくてやきもきしてるんだが…」

桜井「前走後も緩めずに乗り込まれて、最終追いではデニムアンドルビーに先着してますからね。ラキシスほどの本格化度ではないにしろ、『ピリピリした面が解消し、精神的に大人になってきた』と、陣営も成長を認めていますよ。ここ2戦は、先行馬に有利な馬場や展開に泣かされていますが、いずれもメンバー最速で上がってますからね。スタミナ面にも不安はないだけに、追走が楽になる流れで中団あたり運ぶことができれば、大仕事の可能性もありますよ」

オークスまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのオークス予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

オークスまだ間に合う!必ず貰える1200ポイントでプロのオークス予想を見よう!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。