武豊の絶妙エスコートで、7歳牝馬スマートレイアーが牡馬を一蹴

佐藤直文 レース回顧
京都大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インを切り裂く白い稲妻 スマートレイアー

 前半1000m通過が59秒9と、この距離としてはまずまずの流れ。道中のポジションに関係なく、力があればどこからでも来れる展開だったが、勝負を分けたのはジョッキーのコース取りだった。

 スマートレイアーは、元より自在性が武器の馬だが、今回は思い切った待機策。各馬が動き出した3角過ぎての下り坂でもインでジックリと脚を溜め、4角では後方2番手の位置だったが、直線で空いたインを強襲しての鮮やかな差し切りだった。見ようによっては“イチかバチか”のイン狙いであっても、そこは今回の勝利で同一重賞9勝目のJRA新記録を打ち立てた武豊騎手。インが空きやすい京都外回りコースの特性を熟知しての、思い通りの競馬だったろう。もちろん、7歳牝馬とは思えぬ馬自身の充実ぶりも見逃すことはできない。

スマートレイアー

イン強襲で重賞4勝目をあげたスマートレイアー(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着トーセンバジルは、今までにない先行策に驚かされたが、この形になってもしっかりとした脚を使えたことにも驚かされた。結果はどうあれ、こういう競馬ができたことは大きな収穫だが、結果も付いてきたことで今後が楽しみになったと言える。

 3着シュヴァルグランは、スタートで寄られる不利があったとはいえ、2着馬とは対照的に後方から運ぶ想定外の競馬に。3角過ぎから馬群の大外を回って進出し、直線でも一瞬は突き抜けるかのシーンはあったが、さすがにあれだけ外を回るロスがあっては仕方がなかった。能力は示したものの、上位2頭とは立ち回りの差と言えるだろう。

 4着ミッキーロケットは、ソツなく中団で運べていたが、勝負どころでの反応が一息。直線半ばでエンジンがかかってからは、らしい伸びを見せていたが、まだ力を付け切っていない印象を受けた。

 5着レコンダイトは、直線勝負に徹したことで、ラストはいい脚を使っていた。上がりの数字も勝ち馬に次ぐもので、このメンバーでこれだけ走れば大善戦の部類だろう。

 サウンズオブアースは、馬体もシャープに映って好仕上りだったことを考えれば、ここまで大きく負ける馬ではないはずだ。ちょっと敗因がわからない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル