暮れに戻ってきた中日新聞杯 好走ポイント全クリはこの5頭!

重賞データ攻略
中日新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中京改修後は3月に行われていた中日新聞杯だが、今年から再び暮れの12月に戻ってきた。芝中距離のハンデ戦、老若男女入り混じっての熱い戦いをデータ班が徹底分析!

好走のポイントは4つ!

 芝2000mのハンデ戦であることに変わりはないが、3月→12月に移動したことで臨戦過程も大幅に変化。今年のメンバーを見渡すと、天皇賞(秋)、福島記念、1600万勝ち直後、その他、といった感じか。まずは過去5年の当レースを振り返って、実績面のポイントを考えたい。

中日新聞杯のポイント(過去5年)

  • 重賞5着以内(1~3着馬15頭中14頭)
  • 芝2000mで連対(1~3着馬15頭中14頭)
  • 芝左回りで3着以内(1~3着馬15頭中13頭)
  • 前走5着以内(連対馬10頭全馬)

 過去5年、準OP勝ち直後で馬券に絡んだのは2014年1着のマーティンボロのみ。基本的には既にOPクラスで走っていて、重賞5着以内の実績は欲しい。左回りや芝2000mの実績は勿論だが、当レースで連対するためには前走5着以内も重要なポイント。前走で大敗している馬は買っても3着までとしたい。

 以上の4点をすべてクリアしていたのはショウナンバッハスズカデヴィアスパドルウィールマウントロブソンマキシマムドパリの5頭。連軸はこの中から選びたい。

松山Jの経験値を買う

 コース改修後の中京芝2000mの騎手・調教師別の成績は以下の通り。

騎手別成績(2012年以降の中京芝2000m)
川田〔11.9.7.32〕
福永〔11.9.4.37〕
M.デムーロ〔10.3.5.25〕
松山〔9.9.12.101〕→パドルウィール
北村友〔9.5.8.57〕→フェルメッツァ
浜中〔9.3.9.32〕→バンドワゴン

厩舎別成績(2012年以降の中京芝2000m)
友道〔10.7.3.28〕→サラトガスピリット
藤原英〔8.5.0.26〕
角居〔7.12.9.29〕→フルーキー
五十嵐〔7.4.1.19〕
池江寿〔6.7.12.39〕→クィーンチャーム

 上に挙げた5頭の中ではパドルウィールが松山Jの騎乗で臨む。その松山J、この条件では騎乗数が131鞍と最も多い。上位3人の平均人気が2.9~3.3倍に対して、松山Jは7.2番人気。通常のローカル開催時にはあまり登場しない騎手達であることも踏まえると、この条件での信頼度は高いと言えそう。現に同馬とのコンビで昨冬の金鯱賞を9番人気2着と結果も残している。

ディープインパクト対キングカメハメハ

 次に注目すべきは中京芝2000mの種牡馬別成績。

種牡馬別成績(2012年以降の中京芝2000m)
ディープインパクト〔28.31.27.177〕
キングカメハメハ〔20.15.10.100〕
ハーツクライ〔17.20.18.141〕
ステイゴールド〔17.6.15.153〕
マンハッタンカフェ〔9.14.12.109〕
ディープインパクトとキングカメハメハの2強ではあるが、これが重賞ともなるとさらに鮮明になる。

重賞における種牡馬別成績(2012年以降の中京芝2000m)
ディープインパクト〔4.6.3.22〕
キングカメハメハ〔4.3.2.15〕
シンボリクリスエス〔2.0.0.10〕
ハーツクライ〔1.1.4.13〕
ゴールドアリュール〔1.0.1.4〕

 両者の複勝率はともに37%台と高水準。ディープインパクト産駒は当レースで3連覇中で、キングカメハメハ産駒にしても、今年行われた愛知杯で1着・2着、金鯱賞でも1着・3着。前述の5頭の中ではマウントロブソンがディープインパクト産駒、スズカデヴィアスマキシマムドパリがキングカメハメハ産駒。先に挙げたパドルウィールとこの3頭で勝負したい。

マキシマムドパリ

1月に同コースで行われた愛知杯を制しているマキシマムドパリ(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

パドルウィール
マウントロブソン
スズカデヴィアス
マキシマムドパリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル