大外一気で連覇狙うカフジテイク 敵は「昨年出走していなかった馬」

優馬TM座談会
根岸S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

末脚魅力のカフジテイクに 本紙武井も自信の◎

デスク「このレースを関東馬が制したのは10年前のワイルドワンダーが最後で、以降は2着すらないという有り様。今年も、関西馬に馬場を貸す一戦になりそうだが、本紙武井はカフジテイクの連覇濃厚と見たわけだな」

武井「昨年の勝利のみならず、この東京ダート1400mは3戦3勝のスペシャリストですからね。以降は、脚質に幅をもたせようと試行錯誤をしてきたぶん、勝ち星からは遠ざかっていますが、コーナーワークに難のあるタイプだけに、やはり直線一気のスタイルがベストでしょう。その自分の形で競馬ができれば、結果も付いてくるはずですよ」

坂倉「昨年のカフジテイクは、ここを勝ってフェブラリーSでも3着と好走しましたが、やはり1600m以上の距離では明らかにキレが鈍る馬です。この距離のGIがあればとっくに勝っているレベルでしょうが、とにかくここは全幅の信頼が置けますよね」

久光「丸一年勝てていないのも、脚質的な弱みと見ていいですし、むしろ脚は常に見せてますからね。今年は昨年と同じローテーションでも、調教の乗り出しが2週以上も早いので、仕上りも万全でしょう。雪の影響が残った道悪ダートにも十分対応が可能だと思います」

デスク「俺がこの馬に気になる点は、昨年の前走がチャンピオンズC4着だったのに対し、今回は同じレースを使って7着と着順を落としていることなんだが」

目黒「前走のチャンピオンズCについては“展開が向かなかったけど、それよりも3~4角で仕掛けた時にスッと反応ができなかったのが響いた。盛岡(南部杯)の時もそうだったし、この馬にとって中京だとコーナーがきついのかな。その分エンジンのかかりも遅くなっているのでは”と、湯窪助手は分析していたように、着順を落としたのは衰えのせいではないですよ。今回については“具合はいいからね。コーナーリングの課題も東京なら心配ないと思う。それに最近のレースぶりから、去年のように最後方からという感じにはならないんじゃないかな。ある程度流れに乗れてうまく外に出せれば”と、確実に賞金加算を目論んでましたよ」

カフジテイク

直線一気の末脚で連覇を狙うカフジテイク(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「そんなカフジテイクの強敵となりそうなのは“昨年出走していなかった馬”になりそうだな」

小野智「そんな中から私が推したいのはサンライズノヴァです。何より東京ダートは4戦3勝と鬼の部類で、唯一負けた武蔵野Sはこれまでの最少体重で馬がピリピリしていたことや、全く流れも向かなかったことを考えれば目をつぶれますよね。取りこぼしの多かった右回りでの前走2着も充実の証だと思います」

西田「その前走は、逃げた勝ち馬のレースだったと言えますが、後方からロスのない立ち回りで早目に好位に取り付いたもので、この馬本来の走りだったように思えますよ」

小島「僕はまだ前走でもスムーズさを欠いていた印象を受けましたが、そもそも不器用なので小回り中山は合わない馬ですからね。ポテンシャルの高さはもちろんのこと、東京に替わればフルに力を発揮できるはずですし、道中でゴチャ付くことなく運べば、差し切れると思いますよ」

伊利「あと、面白いデータもあるんですが、最終追い切りを栗東坂路の併せ馬で行って先着している馬が、目下3連勝中なんですよ。今回の該当馬はサンライズノヴァだけです」

デスク「まぁ、データというか、たまたまというか…」

瀬古「ただ、サンライズノヴァが予定通り順調に仕上っていることは確かです。東京コースの適性の高さについては、音無師も評価してますし、2走前は好発を切りながら無理に抑えたために、馬がリズム良く走れなかった印象を受けましたね。今回の1400mならある程度はペースも流れるので、本来の決め手も発揮できそうですし、目標とするフェブラリーSへの出走に向けて“何としてでも賞金を加算したい”と、師も力が入ってましたよ」

佐藤直「俺は、このレースに結び付きの強い昨年の武蔵野Sで、メンバー最先着の3着と好走したアキトクレッセントを素直に買うぞ。これまでの戦績を考えても東京ダート1400mはベストだと思うし、何よりキタサンブラックの調教パートナーを務めて常に互角以上の走りをしていた馬だからな」

守屋アキトクレッセントがこれまでダートで掲示板を外したのは、馬群で砂を被ったり出遅れが響いたものばかりです。ゲートや気性にやや難がありますが、外から被されずスムーズに運べば力を発揮できるのは、戦績が物語っていますよ。前走のギャラクシーSは、好メンバーが揃った中で、直線半ばまで持ったままの手応えで楽に抜け出す、余力あっての勝利でしたし、能力全開なら重賞のここでも十分足りると判断しました。今回は内枠を引いてしまいましたが、位置取りうんぬんより、スムーズに運ばせたいのは鞍上もわかっているでしょうし、スタートさえ決まれば促してある程度前に行けるはずです。人馬ともに重賞初制覇を期待したいですね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル